険しい道を乗り越え、ついに天空で奇跡は起きた!?【世界一周23日目#1】

天空寺院プレアヴィヒア

世界一周23日目

昨日の散々な天気のおかげで気持ちは沈んいましたが
旅は切り替えが大事

切り替えと諦めの大切さを知った【アンコールワット突撃の日】

2018年8月7日

 

 

大雨の中を楽しむ気持ちの大切さを学びました

そして 今日はカンボジアのひそかに人気な世界遺産

 

天空寺院プレアヴィヒアにいってきました!!

 

ツアーだと100~150ドルかかって、ほかのところも行くのでプレアヴィヒアにいられる時間は少ないですが
ぼくたちが選んだ、日本人宿からでている10人乗りバンを参加者で割り勘ていう方法です

最初はぼくたち二人だけでしたが

なんと10人も集まりました!!

これでプレアヴィヒアまで行くためのバンは120ドル÷10人で一人12ドル!!

 

 

久しぶりの日本人

 

バンは朝6時前に宿に来るため、6時には宿の前に集合です

昨日も朝日をみるために4時に起きたし、今日は6時、、、、
あしたは一体何時、、、

なんとか起きることができて、集合時間に間に合いました
そしたらほかの方々はしっかり集まっていました

 

友達という日本人に会ったのは三日目のゆうた以来でした

日本語を忘れているわけないですが、なんというかとても緊張しました笑

 

外国人とは英語で会話がながーーくふかーーくできないので
続かなくても仕方ないというか、シンプルな会話でお互い十分という感じ

 

しかし日本人は意志疎通が可能です

なので、しっかり会話しなきゃかとか思っちゃいました笑

こういうことでも緊張しちゃうところは本当に自分らしい

 

特にみんなで自己紹介もなく、バンに乗り込みました(昨晩、何人かは仲良くなったみたいですが笑)

宿があるシェムリアップ市内からタイとの国境付近にあるプレアヴィヒアにいくため
サラエムという村を目指します

 

3~4時間かかります

のんびり揺られていきます

 

 

朝飯のコミュニケーションタイム

 

 

途中で朝飯を食べるためにちっこい食堂によりました

ぼくたちの長い机の一番奥に向かい合って座りました
そしたら僕たちから手前の人たちで楽しい会話がはじまりました

 

ぼくも友達もコミュニケーションはがんがんできる!ってわけではありません

友達のせいにしちゃいますが、ぼくは周りの人より友達に話しかけるようにしていました

そしたらもちろん会話には入れません笑

 

ちびちび朝ご飯を楽しそうに見栄を張って食べてました

 

そしたら

隣のイケメン社会人の方が

「ふたりで旅行されてるんですか?」

と話を振ってくれました

 

 

惚れましたね

 

自分たちがほんとうに豆粒ほどに思えました
恥ずかしかった

 

そこからは僕が世界一周すること、大学生であることに興味関心をもってくれて少し場が盛り上がりました

意外と同い年がいたこともそこで知りました笑

食べ終わったらまたバンに乗り込んでゆらゆら揺られていきます

 

 

頂上へ

 

 

麓でバンを下りて入場料?10ドルと山道の坂を上るための車に乗り換えるために割り勘5ドルを払います

このオフロードカーの後ろの積み荷のところに乗ります

急な坂道、曲道をがんがんあがっていきます笑

捕まっていないと落とされます

 

これもプレアヴィヒアへいく楽しさのひとつだと

 

頂上手前までくると泥道というか車では進めないところにつきます
そこからはみんなで歩いて登っていきます

ですが

まったく上のほうがみえません

 

 

霧で真っ白です

 

神秘的?でした

 

この天候で頂上から絶景なんて見えるわけない

 

だれもがそう思っていましたが誰もいいませんでした笑

こんな霧の世界が見れるなんてラッキーだよなとか言ってました笑

10分くらい登ると

プレアヴィヒア寺院がみえてきます

 

霧の先に構える遺跡

すこし荘厳な感じでした

地元民や軍人さんがいましたねー

 

寺院はあとでみるとして

このさきにある絶景スポットへ急ぎました

 

 

頂上でまっていた景色とは!?

 

 

やっとたどり着きました

 

 

みてください!!

 

 

この絶景!!!!

 

 

 

ですよね

やっぱそうですよね

昨日に引き続き、今日もですよね

DCIM100GOPROGOPR0260.JPG

現実は甘くない

 

晴れていたら結構高さを感じて怖いとおもうんですが

霧なのか雲なのかわかりませんが
何も見えないのでなにも怖くありません笑

 

 

みんなでとりあえずⅠ時間まってみましょうっていこうことになりました

このとき、友達と二人で

今回は昨日と違ってあきらめない人たちがそろってるから奇跡は起こるぞ!!

とか性懲りもなくいってましたね笑

 

 

結果は,,,

 

 

30分くらいはみんなで待っていましたが

徐々に何人かは遺跡をみてきますとその場を離れました

 

いかん!!!

これで誰もこの絶景ポイントで奇跡を願わなかったら、奇跡が起きない!!!

と思っていたら

 

 

ぼくらと同じ男子大学生が二人残りました

4人でずーっと頂上でまっていました

 

 

そしたら!!!!!

 

 

お?霧が?

 

おお!!下のほうが見える!これはもしかして!!

 

 

きたぁーー!!!!!

 

奇跡は起こるもんですね

 

がちで感激しました

空が真っ青の晴天の景色が最高だとは思いますが

最初真っ白で正直、かなり落ち込んでいたなかで

 

徐々に霧がはれる

絶景が見えてくる

この流れのおかげで最高に感動しました

 

ぼくと友達は昨日、奇跡が起きていないので

あきらめなければ奇跡は起きるんだ!!!

とめっちゃ感動してました笑

 

そしたら遺跡組も帰ってきて、みんなで堪能しました

そこで驚きなのが

霧が晴れているのが僕たちの見ているスポットからの視界だけなんですよね

 

周りを見渡すと同じ高さのところは真っ白でした

まるで神様が

しかたないなーみせてやるか

と特別に開けてくれたのかと思いました

 

そのあと、ツアー団体がいいタイミングできました

こんないいタイミングで着やがって、勝ち組め!!

とか思ってましたが、彼らが来てから霧がまた出始めたことで
なんともいえない空の神様との絆を感じました笑

 

下山というアトラクション

 

 

二時間くらいで戻ってこいと言われていたのでみんなで下山しました

帰るころには道も遺跡の霧も晴れていて、別の世界を楽しめました

それで例の山道をガンガン飛ばして登って行った車にのります

あのスピードで下山するのか

死ぬな、、、

 

 

みんなこのアトラクションを若干楽しみにしていました

ぼくもGoproを用意して、意気揚々と乗り込みました

最初はぼこぼこ道をゆっくり下りていきましたが

坂道になると

 

もうそれは

 

スプラッシュマウンテン

風を感じれて、高いところから見える景色もあって最高でした

奇跡起きたなーとかみんなで話しながら下山しました

 

 

恐怖のお昼ご飯

 

 

バンのあるところまでいくと
どうやらそこにあるローカルすぎる食堂でお昼ご飯を食べるみたいです

ですが

 

メニューを見ると

全品

5ドル~

 

恐怖でしたよ

正直食べないことを決断しましたね

ですが、僕以外は全員食べる模様

ここで自分だけ食べないのはなんとなくマズい気がしたのでしぶしぶ注文

安定のフライドライス笑初の5ドルフライドライス

裏切らないでくれよ!!!

 

カンボジアは安定して料理がでてくるのがおっそいので
同席で、頂上であきらめず一緒に待っていた二人の大学生とお話をしました

ひとりはアメリカの大学を卒業して東京の大学に編入しようとしていて
アメリカではがんがんマリファナを吸っていたみたいです

彼によると
マリファナにはざっくり二つあって
お酒を飲んだ時に陽気になる感じに一気に持っていけるマリファナと
眠くなるような気持ちよさ、安らぎを感じるマリファナがあるみたいです

 

煙草も酒もマリファナもやって、人生楽しんでいるみたいです笑

ぼくは絶対その楽しみ方は嫌だなと思いましたが笑

それでやっとでてきた5ドルのフライドライス

 

普段食べてる1.5ドルのフライドライスよりうまいのか??

答えは若干1.5ドルのほうがうまかった

 

ですよねって感じ。ここで観光客からたんまりお金をとっているのだろう
いいだろう。くれてやる。

まぁおいしいフライドライスをありがとうおばちゃん。おつりくれたときの笑顔を忘れないぜ

 

そしてタイへ、国境のポイぺト

 

ぼくたちは明日に昼あたりにタイにいたかったので
夜行バスでは間に合わないと判断し、タクシーでポイペトまでいって、自分たちで歩いて国境を超えることにしました

 

しかしシェムリアップ市内からタクシーでどのくらいかかるのか断定できず、かつポイペトの出入国審査場が何時に締まるかもわからないので

ポイペトか出国したさきのアランヤプラテートで止まることにしました

 

長いので次の記事へ

 

↓世界一周ブログランキング参加してます!ぽちっとお願いします!奇跡の1位を目指して!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です