【人生を変える朝活】早起きしたあとはこれをやれば人生が変わる4つのこと

 

前回、朝活のすばらしさを伝えました。今回は、じゃー実際に朝活やってみるけどなにをやればいい?っていう興味がさきにきちゃった方に向けての記事です。
 
朝、早起きをすることで得られるメリットにあうことを基準に紹介していきたいと思います。
もちろん、僕が実践していることは全て紹介します。
 
 

朝活でやるのをおすすめする4つのこと

朝はとても頭がさえていて、この時間を有効に使えると一気に能力やスキルがあがります。夜に三時間やっている人より、朝に一時間やっている人のほうが効率よく成長します。

今回は、そんな「朝にやる」ことの大切さを重要視して、やってみるといいことを4つ紹介します。

 

勉強・作業

これが最もおすすめです。
 
先述したように、朝のⅠ時間は夜の3時間に匹敵するといわれるくらい集中力や脳の力に差があります。頭を使う勉強や作業はまさにこの時間にやることをおすすめします。
 
特に単純作業のような、学校の課題をこなすものではなく頭を使う、思考する、想像力を使うような勉強をこの時間にするのがおすすめ。
 
昨晩、あんなに時間をかけて書いたアイデアが、翌朝みるともっといいアイデアがぽんぽんでてきたなんてことが、いろんな人にあるんじゃないでしょうか。
 
 
なので、朝起きて単語帳を開いて机で暗記よりかは、机に座って洋書を読むとかのほうがいいとおもいます。
 
 

運動・筋トレ

次におすすめなのが運動です。筋トレやランニング、ストレッチなどなど。
 
朝の寝起きは体がまだ完全には起きていないため、体を起こすという意味でも運動は非常に効果があります。特にランニングやウォーキングはまだ起きていない世界のなかを走るので、普段とは違う景色がみれますし、とても気分がいいです。おしゃれな音楽を流してはしっちゃいましょう。
 
普段筋トレしている人は、朝に筋トレするのもおすすめです。
朝からしんどいメニューをこなすことで、体がめっちゃエネルギッシュになりますし、これからの予定が簡単に感じます。
また、朝は脂肪燃焼効果が非常に高いため、筋トレでも十分痩せることができます
 
ですが、筋トレは体の中のエネルギーを使って筋肉を動かすわけなので、空腹状態でやってはいけないという説があります。なので、めちゃくちゃ追い込むよりかは軽くトレーニングぐらいがいいのかなと、個人的に考えてます。
ぼくは、腹筋ローラーと軽いスクワットをいつもやってます。
 
 
 

瞑想

マインドフルネス、瞑想
朝の瞑想は非常におすすめです。そもそも瞑想ってなんやねんって人が結構多いと思いますが、瞑想というのは頭、心の中をからっぽにし、精神の落ち着きを取り戻したり、雑念を取り払って本当の自分の想いを聞くためのものです。
 
瞑想はあのGoogleやアマゾンなど世界に有名で有能な会社の社員研修や、プログラムに取り入れられるほどメリットがあるとされています。
特に起床直後の瞑想は、まだ頭の中がごちゃごちゃしていないためとても質が高いです。
その日一日を冷静に集中力をもって過ごすことができます。
 
 

趣味の時間に充てる

 
人それぞれ、人生を豊かにする趣味をもっているとおもいます。読書だったり、プラモデルだったり、ボトルシップだったり、絵描きやギターだったり。
それに没頭している時間ってめっちゃ幸せですよね。
 
その趣味の時間を一日のはじめに充てることで、生活の幸福度がぐーんと高まります。
 
 
また、仕事仕事で一日時間がないって困っている人にも、仕事終わりの疲れた時間ではなく朝の最初に趣味に取り組んでみるといいとおもいます。
 
 

僕の朝活(一例)

 
 
  • 5時起床
  • 白湯を飲む(ココナッツオイルを溶かす
  • 腹筋ローラーとダンベル筋トレ
  • 瞑想3分(今後のばしたい
  • シャワー
  • 外出(バイト先のカフェ
  • ブログと勉強
  • バイト
 
って感じです。9:30出勤なので7時にカフェにつくようにしています。このモーニングルーティンをこなせた日は、大体一日幸せに過ごせます。
 

 

おすすめ朝活4選まとめ

 
 
朝活といえど、頭を使うか体を使うか、心を休ませるかの三つです。
ただスマホを見て終わる朝活ほど最悪なものはありません。
ぜひ
 
  • 勉強
  • 運動
  • 瞑想
  • 趣味
 
のどれかに時間を使って人生を有意義にしていってほしいなとおもいます。
 
 
朝活や習慣に関するおすすめ記事はこちら
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です