【全大学生へ】大学六年目の僕が死ぬほど後悔していること【同じ轍を踏むな】

 
 
今回は大学6年目の僕がながい大学生活を過ごしてきて、ばりばり後悔していることについて書きます。
 
 
 
後悔なんてものはしてもしょうがないんですが、
 
これから大学生になる人、いま大学生の人が少しでも大学生活を充実したものにできる手助けになればいいなと思って
書いていきます。
 
 
大学生活を後悔して終わりたくない人がやるべきことはこちら↓

 

大学生活で後悔していること

 
それなりに大学生活は充実して、やってきてよかったなって思うこともたくさんありますが、
 
それでもこれだけはやっておくべきだったなって本当に後悔していることを紹介します。
 
タイムマシンがあったら、大学一年生に戻ってやり直したい。。。
 

もっと多くの人に会えばよかった

 
これが一番。
人の人生は人との出会いで広がる。これは一つの真理だと思います。
 
 
いくらネットや本で情報を収集していても、人との出会いのほうが何倍も影響力を持っているのです。
しかも、大学生なんてのは一番情報感度が高くて、行動力もあって、色々な人と出会うのにはベストな時期。
 
 
 
僕は、サークルやゼミ、バイトも一個ずつで出会いが本当に少なかったです。それぞれいい先輩、後輩、同期には出会えたんですが
 
もっと多くの人に出会っていれば、もっといろんな方向に僕の人生は伸びていったんだろうなと後悔しています。
 
 
実際、僕の友達ですごく行動していていろんな人に会っている奴がいるんですが、そいつは色々と苦労しながらも、いろんな出会いをものにして
人生を大きく羽ばたかせているようにみえます。
 
 
この社会には大学生で何百万稼いでいる人もいれば、世界中を旅しながら生きる人もいれば、ナンパに人生をかけている人もいます。
 
いろんな人との出会いがなければ、僕らは自分の人生を一元的にしかみれません。
 
 
 
大学生はお金も、時間もあるので自由ですが、ぜひ自分の殻に閉じこもらずに知らない世界にどんどん飛び込んでいってください。
 
知らない世界に飛び込まないと、自分の人生は本当に狭い可能性の中で生きていくことになって、飛び込んでいる友達との違いに愕然とするハメになります。
 
 
 

サークル複数所属すればよかった

 
これも要はもっと多くの人に出会えばよかったってことなんですが。
サークルほど簡単に安心して、人に出会えるコミュニティはありません。
 
同じ大学ってことで、未知との世界との出会いとは言えませんがそれでも新しい出会いとしては十分。
 
 
僕は一つの運動系サークルにしか所属していなくて、大学の楽しみをそこに依存していました。本当にもったいなかったと思います。
 
 
せめて二つ、運動系と文化系のサークルに所属していれば
友人も倍に増えて、その分楽しいイベントも倍に増えて、その分人生を動かすような機会も倍に増えます。
 
 
もしこれから、サークルに入ろうと考えている人がいるのなら2~3個入ってみるのもいいと思います。
 
 
サークルに関してはこちら↓

 

インターンすればよかった

 
前回、夏のインターンシップは絶対に行けという記事を書きました。
 
春夏秋冬は関係ない、インターンシップには参加しましょう。
それはなぜかというと、これから先働く僕らにとってインターンシップとは貴重な職場体験な訳です。どんな職種も体験するのが一番。
どんな自己分析より、実際に体験することのほうがいい。
 
 
 
 
2,3日のインターンシップじゃなくて、長期のしっかりとしたインターンシップをすればスキルも人脈も手に入るっていういいことづくし。
 
僕はサークルで遊ぶことしかしてなかったので、インターンシップなんかしなくていいやってずっと遊んでました。本当に後悔しています。ばかだった。
 
 
まじでなにかインターンシップはやったほうがいい。まじ。これはがち。まじ。
 
 

稼ぐことに注力すればよかった

いまになってこのブログもそこそこ稼いでくれるようになりましたが、もっと早くやっていればバイトに時間を使わずともお金を稼げたなぁと強く後悔しています。
 
大学生の僕らでもお金を稼ぐことができる環境は整っています。あとは学んでやるだけ。
 
大学生の頃から自分で稼ぐことができるっていうのは一つの大きなスキルです。そのスキルで就職活動も上手くいきますし、そもそも就活しなくていいかもしれません。
 
社会人になって副業とかいってないで、大学生の頃からしっかり稼げる状態になっておけばよかったと少し後悔しています。
 
 
 
 
バイトじゃなくて自分でバイト以上に稼ぐ方法はこちら↓
 
 
今からでもできるパソコン一つで稼ぐ方法はこちら↓

 

単位を真面目にとっておけばよかった

 
単位は取りましょう。まじで。
目の前の楽をとって、将来しんどい思いをするって選択は幼稚園児以下。
3,4年になって「もっと単位とっておけばよかった」っていう学生が大量発生します。馬鹿です。
 
「単位とらずに、ここまで残しておいてよかったー」っていう人は誰一人いません。全員後悔しています。どんなにめんどくさくても、サボりたくてもフル単目指しなさい。
 
 

もっと勉強すればよかった

 
僕たちは大学生です。高校生ではありません。
文学部なら文学、経済学部なら経済、理工学部なら理工のことを人並み以上に理解している、知っている人間にならなければいけません。
 
ですが、日本は新卒一括採用という頭おかしい採用システムのおかげで大学でしっかりと一つの分野を身につけておかなくても食べるのに困ることはありません。
 
だから、どこの大学にも遊んで、なんとか単位取って、なにも体系的な学問を学ばずに卒業する大学生がいるんです。僕もそうでした。
 
 
終わってから気が付きますが、これってめちゃくちゃ恥ずかしい。
 
 
実際に、大学で人並み以上のものを身につけた大学生と話すと、その差が顕著に現れます。
  • 思考力の差
  • 教養の差
  • 創造力の差
 
 
おれってこの四年間なにしてたんだろう。。。ってなります。
 
両親に大金出させてなにやってたんだろうって。ものすごく恥ずかしいです。
 
 
しかも、海外にいったらもっと顕著です。
 
海外では大学生っていうとほぼ「専攻はなに?」って聞かれます。そこで堂々と自分の学んでいることを答えられるでしょうか。
 
大学で〇〇を学んでいるというのは、人並み以上に〇〇について詳しい人間だと認識されます。
自信をもって答えられる大学生になりましょう。
 
 

もっと本を読んでおけばよかった

いまでこそ読書は習慣となり、そこそこの冊数読んでますが、もっともっと前から読んでいればよかったなってすごく思います。
本一冊で人生は変わる可能性があるくらい、読書には可能性があります。
 
  • 金持ち父さん貧乏父さん
  • 人を動かす
  • 君に友達はいらない
  • 思考は現実化する

 

などは僕の人生にめちゃくちゃ影響しています。多くの本を読んでいれば、それだけ人生に影響を与える名著に出会える可能性も増えます。

大学一年の頃からもっとちゃんと読んでいればよかったなってすごく後悔しています。
 
 

大学生におすすめする本はこちら↓

 
 

おしゃれに気を遣えばよかった

 
 
最後におしゃれ。
 
このブログでは、女性にモテる方法をよく取り上げていますがおしゃれはめちゃくちゃ大切です。
一つのスキルです。
 
 
どんなに顔がブサイクでもおしゃれであれば、雰囲気で彼女をゲットできるくらいの男にはなれます。
 
逆におしゃれじゃなきゃ、どんなにかっこよくてもモテません。おしゃれは必須。
 
 
 
しかもおしゃれは、学べば誰でもおしゃれになれるんだそうです。(最近知った。)
 
もっとおしゃれに気を遣っていれば、もう少し女の子にモテたのかなぁと落ち込んでおります。
 
 

大学生活で後悔していることまとめ

 
大学6年生になって、こんなにも多くのことを後悔しています。大学一年生の頃にもっと「大学生 後悔」とかで検索すればよかった。
まじで、大学1,2年生がこの記事読めるのうらやましい。
 
この後悔の記事をまとめると、要は大学生の諸君は
 
  • 年齢や立場なんて関係ない色んな人に会いに行け!
  • サークルは2つか3つ所属して、いろんな奴と友達になれ!
  • 悩んでないでインターンしろ!
  • バイトじゃなくて自分で稼いでみろ!
  • 単位はちゃんと取れ!
  • ちゃんと勉強しろ!
  • めちゃくちゃ本を読め!
  • おしゃれに気を遣え!
 
です。
 
あなたの人生はここから大きく変わるのです。楽しんでください。
 
 
ちなみに、大学生活でやっておいてよかったことについても書いたので見てください↓
 
 
この自粛期間も後悔しないようにしたい!って人はこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です