一日三食をやめるともっとエネルギッシュになれるぞ。取り戻せ自分の真の力

 

一日三食食べている人がほとんどの世の中

  • 朝食を食べているひとのほうが頭がいい
  • 昼ご飯をしっかり食べていると午後、集中でいる
  • 夕飯を抜くダイエットは逆効果

 

などなど
一日で食べる食事による影響力はすごいです

 

しかし、人間は一日三食も食べる必要がないんです

 

この日本、先進国には食料があふれていることによって
食べなくてもいいのに食べている。飽食の時代です

 

 

その食べ過ぎがあなたの真のエネルギー発揮を妨げているんだと
ぼくはみんなに伝えたい

 

昔から唱えてたストイックな男がいました

最強にストイックな男【水野南北】食は体だけではなく運命を変えるんだとさ

2018年7月2日

 

 

なんで一日三食食べるの?

 

これは有名な話ですが

一日三食を提唱したのあの発明王、トーマスエジソンだといわれています
エジソンがパンのトースターを開発したとき、もっとこのトースターが売れるように
食事の回数を増やそうと、一日三食が人間に適切だと言い広めたそうです

とくに栄養学的などで人間に必要なのが三食だと言っているわけじゃないんです

 

 

食事は”エネルギー補給”

 

食事はおいしいものを食べて、楽しい思いをするということ以前に
人間の生存に必要なエネルギー補給です

 

つまり、エネルギーが足りなくなったから補給するんです
エネルギーが足りなくなって。これが大切です。

小学生、中学生は育ち盛り、伸び盛りなので、栄養をたくさん取って力強い骨格を形成することは大切です

 

しかし、我々大学生など、体の成長がピークを迎えたものは
いかにエネルギーを消費するかによって、どれだけ補給するかが決まるべきです

 

車のガソリン、満タンなのに入れようとはおもいませんよね

なので、エネルギーを消費していないのに食べることは無駄

 

また、一日三食でおかしいのは
運動する人も、家でごろごろしている人もみんな同じ一日三食という認識です

アスリートなどがエネルギーをたくさん消費した場合などは一日三食食べてもおかしいとは思いません
(金メダリストの内村航平さんは一日一食なんですけどね)

なのに家でねているだけ、ゲームしているだけの人も一日三食食べるのは
無駄って気がしませんか?

つまり、一日何食食べるかは置いておいて
みんなどんな時も一日三食食べるっていう認識をここで改めましょう

 

 

消化に使うエネルギーをあなどるな

 

さっき、食事はエネルギー補給といいましたが、補給のために取り入れた食事を消化し、吸収する
それにもエネルギーをつかいます

 

とくに吸収より、固形物の消化などのエネルギーが大きく
人間の体の中の活動でもっともエネルギーを必要とするといわれています

エネルギー補給のためなのに、エネルギーを消費しているんです

 

つまり、一日三食食べている人は一日ほとんどずっと胃でエネルギーを使っているということです

 

 

もし一日三食じゃなかったら

 

 

 

シンプルに考えて、もし一日三食食べなかったら
その分に使っていた胃での消化エネルギー分が余ります

その分アクティブに動けるかもしれません
巷で噂の一日一食説はこの人間は食べ過ぎているという考えからきています

 

無理して食べず、本当にエネルギーが必要になったときにのみ食べる
これには賛否両論、人の体質、人の生活次第ですが、ぼくは大方賛成です

白砂糖は食べるなという話の時にも言いましたが
この一日一食が広まり、絶対正しいと肯定されれば、世の食品業界、レストラン業界は衰退に追い込まれるため
今後、一日一食が社会として完全肯定されることは絶対ないと思います

 

 

 

一日一食を実践している芸能人

 

一日一食の重要性、むしろ一日三食の無駄に気づいた芸能人は多いです
しかし、彼らはそれぞれ自分にベストなやり方をみつけているため、安直にマネすることは危険です

 

Gackt

 

大好きGacktさん。年齢不詳な若々しい姿、筋肉美、男のかっこよすぎるフェロモンなどなど、尊敬しかないGacktさんですが

彼は食事を徹底しています。朝はオリジナル野菜ジュースのみで、夕方に1,2時間かけてゆっくり夕食をとるスタイルです
それなのにあの筋肉マッチョ。美しいです。彼はきっと彼なりのベストな方法をみつけたんでしょう。

また、彼は白米をもう何年も食べておらず、牛肉、豚肉などいろいろなものを自ら制限しています
これは自分に負荷をかけることで、なにかを成し遂げるためにやっているみたいです
なにか成し遂げるたびに解禁しているみたいですね。もう憧れです。ストイックの神

 

ビートたけし

 

世界的にも有名になってきた北野武さん。彼も一日一食で、朝は野菜ジュースのみと述べています

 

タモリ

長寿番組をやりつづけた、タモリさん。彼は通算8054回の笑っていいともで休んだのは、たったの12回。しかもそれはすべて体調不良以外の理由だそうです

そんな健康体を維持し続けたタモリさんも一日一食実践者です。生放送で、「一日三食は食べ過ぎ」といっています
また衝撃なのが、よくみる27時間テレビ生放送でも、タモリさんは一回も食べなかった。「食べるとね、絶対ばてると思ったの。」だそうです。
我々は食べなきゃバテるですが、彼は逆です。おどろき

 

辰吉丈一郎

 

日本の50代バンタム級王者。彼はボクサーというハードなアスリートですが、彼はもう十年以上一日一食だそうです。彼をチャンピオンにおしあげたのは、その食事に対する姿勢と
自分を律する精神力でしょう。

 

水谷豊

 

人気ドラマ相棒でおなじみの水谷豊さん。彼ももちろん一日一食。朝食は取らずにコーヒーぐらい。昼食も小さいスープなどで済ませるみたいですう。そのため、毎日の夕飯が楽しみだそうで
夜は野性にかえると述べています笑

 

福山雅治

 

日本の大人気ミュージシャン俳優。彼が一日一食なのは有名ですね。あの若々しい姿は一日一食からきているのでしょう

 

一日一食の芸能人の共通点

 

以上の芸能人のみなさん、こじつけかもしれませんが

みんな年齢より若々しくみえませんか?
エネルギッシュに感じませんか?

若々しいままでいる、エネルギッシュでいられる。これに必要なのは食べ過ぎないこと

 

無理は禁物。マイペースが大切

 

ぼくも一日一食肯定しています
が、雑な一日一食は危険です。単純にエネルギー不足、栄養失調になるかもしれません。

まずは一日二食、一日三食で食べる量を減らすなど
簡単にできることからはじめていきましょう

一日何食が大切なのではなく、胃に負担をかけすぎないことです

 

 

とりあえず実践

 

 

小学生、中学生は無理に実践しないでください

 

高校生、大学生は一回くらい挑戦してみるといいとおもいます

 

胃の消化つかっていたエネルギーが浮くと、体の中にエネルギーがたまっていって
エネルギッシュなオーラというか顔になるんです(イケメソ!?)

老け顔とか言われている人、元気ないって言われている人はためしてほしい

また、部活や運動をしている人は
練習の前にたべたときと、食べなかったとき
一日三食のときと一日一食の時のパフォーマンスを比較してみて、自分に最適な食事量をみつけておくと
今後活躍できるかもしれないですよ

 

ぼくも一回一週間くらい実践したんですが
三日目くらいのとき、異常に体が軽いと感じて、スポーツが調子めっちゃよかったんです
ただ、一日一食のその一食でうまく栄養をとれなかったため、断念しましたが

むずかしいけど、やりがいがあります

 

否定する人はチャンスを逃しているだけ

 

お医者さんが危険性を訴えるのはわからなくもない
小学生、中学生の耳に入って、試してしまうとかの否定は一理あるし、理解できるが

体が仕上がっている我々が一日一食は絶対ダメとかいう人はわからない
人間はみんなおなじだとおもわないでほしい

一に一食が適さない人もいれば、適す人がいるのも事実

おのおのの判断に任せましょう

飲食店の人は、もし一日一食がはやったら
それはもうどんまい

 

まとめ

 

一日三食という長年、体に叩き込んできた習慣をぶっこわすのは大変ですが
様々な常識、習慣はうたがっていくべきです

一日三食がただしいなんて誰も言っていないので
自分がベストだとおもうことをしましょう

以下もどうぞ!

最強にストイックな男【水野南北】食は体だけではなく運命を変えるんだとさ

2018年7月2日

ストイックとは?ストイックであることのメリット4選

2018年4月18日

 

一日三食同様、あなたをダメにしているかもしれない砂糖

本当のあなたの姿知りたくないですか?

まだ砂糖で人生消耗してるの?白砂糖中毒から脱して人生を変えよう【健康】

2018年4月16日

砂糖は食べるな!砂糖の害と砂糖断ちのメリット・デメリット

2018年4月2日

1 個のコメント

  • 「食券制度」導入で「1日何食でも個人の自由」ということに改正すればよい。「食券」は「住所と氏名記入済」で個人個人に一度配布するだけで毎日使用できるようにする。「メシ」はしょせん人間の燃料という考え方。自動車でいうとガソリン。「食費は国が一括負担」にすれば1日1食、1日2食、1日3食、1日多食、それぞれが「メシを抜いてお金をせしめている」という不公平が解消され純粋に1日に何食食べようが個人の自由となり価値観の違いで済む。トッピングや買い物や買いこむ食糧の量と種類も個人の自由とすること。夕食のみ1日1食で宴会なみの3000キロカロリーでもよいし、追加で間食にアイスクリームを食べてもよいのだ。結局権力者のつくった栄養学の枠にはめられることを嫌う人、自由を好む性格の人がこの世にいるのです。ちなみに「四柱推命」を用いて話をすると型にはめられて喜ぶのは命式が「従殺格」の人です、真面目な人は命式に「正官」をもつ人、クソがつくほど真面目なのが「正財」をもつ人です。自由を好むのは「傷官」、「食神」、「偏印」かな。1日1食、1日2食、1日3食、1日多食、は個人が自由に決められる時代にしよう。食費は国が一括で食品業界に支払うシステムに変革する。お給料から食費が消える時代が到来。まさに新時代到来です。「どれだけ食べようが自由」で「何食食べようが自由」また「不食人間は食べない」という新時代が始まる。女子栄養大学の4群点数法で4群は必須栄養素ではないため、必須栄養素の1群、2群、3群の合計9点(720キロカロリー)は摂取することを推奨するとよい。断食を行う人も認める。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です