君に彼女がいないのは・モテないのはストイックじゃないから。ストイックになることからはじめよ。

みなさん、日々ストイックに頑張っていますか?
 
 
俺はストイックだと言い切れるひとはなかなか少ないんじゃないでしょうか。
 
ていうか、なんでストイックにならなきゃいけないの?
 
素直にそう思う方もいるとおもいます。
 
 
ストイックになることは目標達成に必要な状態ですが、それとは別に素晴らしい恩恵があるんですよ…
 
それはストイックな男は女性にモテる。です。
 
 
 
今更ですが、彼女を作るためにやるべきことの記事を書きましたので
 
 

そもそもストイックとは?

 

このブログでは砂糖断ちという鬼キツい自己管理の記事をきっかけに何度かストイックを話題にしています。
では、ストイックとはそもそもなんぞやという方のために
 
「ストイック」とは英語の「stoic」のことで、「禁欲的に身を持するさま」「克己的なようす」、または「ストア学派の哲学者」を意味する言葉です。ストア学派とは禁欲主義を軸とした哲学を有し、自身の欲求や欲望を抑え、概念や固定観念にとらわれることなく、幸福を得るという思想を指しています。
だそうです。
 
要は己の欲望や甘えを抑えて自分の理想に向かって邁進している状態のことですね。
  • なので、美しい肌やボディを手に入れるために砂糖断ちをしている人はストイックですし
  • 美しいマッチョになるために食事管理と筋トレを毎日している人もストイックですし
  • 自慰行為の時間を自分の夢に使うために禁欲・オナ禁する人もストイック

 

当ブログのストイック記事のきっかけとなった砂糖断ちの記事はこちら。

まだ砂糖で人生消耗してるの?白砂糖中毒から脱して人生を変えよう

 

ストイックな男が女性にモテる理由

 

 

それではストイックな男のどこに女の子は魅力を感じるのか?どうしてストイックだとモテるのかを説明します。どっちかっていうと、ストイックじゃないとモテないって思ったほうがしっくりくるかもしれません。

 

ちなみに今回の「モテる」というのは、自分にとって理想の女性や社会的に上位にある女性から好意をもたれることを指します。ストイックじゃなくてもモテてますよ?っていう人とはモテるのレベルが違うと思います。そしてモテるっていうのは複数人から言い寄られることをイメージされますが、今回はレベルが高い人から好意をもたれることをイメージしてください。

でも、ストイックであれば多くの女性に魅力的な男性だと思われることは間違いなしです。

 

ストイックな男は成功する

 
「ストイックな男とストイックではない男」
 
どちらが社会的成功を収めると思いますか?
 
まず間違いなく前者ですよね。アスリートならストイックにトレーニングに日々打ち込む方が結果を残せそうですし、ビジネスマンなら誘惑を断ち切って読書なり勉強しまくってたら結果でそうですよね。そして社会的に成功を収めると、経済力がつきます。そうなると身なりのレベルが一つ上がるし、余裕も出るし、女性にあげるプレゼントも一つ上のレベルになります。
お金がある方がモテる。
これはこの資本主義社会の中では普遍的なこと。
 
 
お金を多く得ること方法がストイックだけではありませんが、ストイックであれば結果が出やすいことは想像に難くないですよね。
 
 

ストイックな男はオーラが違う

 

抽象的な話になってしまいますが、ストイックに何かに打ち込みまくった人ってオーラが違います。一人の人間として、雄として、確固たるオーラを放っています。
よくたとえ話ででてくるのが、武士や戦時の男性の顔写真。今日より栄養は乏しいはずなのにどこか凛々しい、男らしい顔ですよね。
 
 
 
ストイックであれば社会的成功が手に入るのはさっき説明しましたが、ではストイックな男で社会的成功が手に入れられなかった人はモテないのか?
それは違います。
 
かりに運悪く優勝できなかったり、結果を残せなかったりしてもその過程がストイックであれば、ストイックではない人よりはモテます。生物学的な色気やオーラがでます。
 
 
どうしてそう言い切れるのかというと、これはもう人生経験です。中学までは生まれ持った顔とかそういう部分にモテの原因はありますが、高校大学となると各人がいかにストイックな日々を送ってきたかで結果は変わります。
たまにいませんでした?そんなに顔がかっこよくないけどそこそこ可愛い女子と付き合った高校の友達とか。きっとその人は部活に打ち込んでいたタイプではないでしょうか?
 
逆に帰宅部で趣味も特になくて、お菓子とか食いまくったりポルノとかアイドルにハマっている人で可愛い女子と付き合っている友達は過去にいましたか?
いませんよね?
 
 

今日の社会でストイックになるのは非常に難しい

 

過去と比べて現代はストイックになるのがむずかしいです。
それはインターネットによる情報化社会やコンビニによる過食、インフラ整備による運動不足
  • 禁欲だ!と思っても、スマホ一つあれば誰でもポルノが見れる時代。
  • 断食だ!といっても、コンビニいけば誰でも安価に甘いものが食べられる時代
  • 運動だ!といっても、電車やバスなどドアtoドアが非常に楽な時代
自然に己を鍛え上げる環境は消えつつあります。
だからこそチャンスなのです。
 
これだけむずかしい環境なのでストイックになるだけで上位の存在になれます。
この難しい社会だからこそブサイクな人も顔以外で勝負できるのです。
 
身近にある誘惑に背を向け、己との闘いに勝たなければいけない。精神力を強く持って日々勝負している男が叩きだす結果により成功者になります。そしてモテます。圧倒的に。
 

モテるためにどうやってストイックになればいいの?

 
 
モテるためにストイックになるのではなく
モテるために社会的成功を手に入れるor一つのことに打ち込み他者とは違うオーラを手に入れる
そのためにストイックになる
 
なので、社会的成功を手に入れる方法や打ち込むことが決まっている人はひたすらにそれに打ち込んでください。
それらに打ち込むために、絶つもの、禁じるものとして当ブログがおすすめしているのが
 
って感じです。
打ち込むことが決まっていないけど、モテたい!!っていう人はとりあえず上記のことに取り組んでみましょう。
特に学生とかは社会的成功を手に入れるっていうのは想像しがたいので、部活で結果出すとかになりますかね。
 

おわりに

 
ストイックに生きましょう。自分の人生に真摯に一生懸命いきましょう。
 
 
 
最近同期(すでに社会人一年目)のインスタグラムをみていて思うことがありました。「〇〇のために一週間がんばったー」っていって何か買ったりしてる人ってなんかもったいないことしてるんじゃないかって。色んなものを買うためのお金を稼ぐために働いているのならわかりますけど、たいていは仕事のストレスを癒すために、自分の欲求を満たしているようにみえます。
金を稼ぐための仕事で生じたストレス
を解消するために自分の欲求(物欲など)を満たしたい

そのためにお金を稼ぐ
 
っていう変なループにはいっちゃってる気がします。そうなると、自分が何のために働いているのか、自分はこの人生で何を成し遂げたいのかがわからなくなります。物欲や食欲、承認欲求などの低次元の欲求のせいで自分が真に成し遂げたい夢が曇って見えなくなります。
だから、意図的にそういう欲求を断って、自分が真に望んでいることの靄を払う。これがストイックになることの意味なのかなって思います。夢に向かって邁進していても、低次元な欲求が現れるとその夢も曇っちゃいますからね。
 
 
ぼくが世界一周をしている時にもっと学びたいって心の底から思ったのは日々禁欲的な生活をしていたからでしょうか。帰国した今は、ゲームや食事、テレビなど外的刺激によって僕の真の欲望が曇っていっています。だから、もっとストイックになろうとこの記事を書きながら決めました。
 
 
 
ストイックに興味をもったら次に読んでほしい記事↓
 
 
彼女が欲しいんじゃって人はストイックの大切さをかみしめながら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です