最後の国中国上海!友との別れ、そして旅のおわり

さぁ空港泊から目を覚まし、アメリカを離れるときです

ぼくとゆうたは同じ飛行機で上海までいって、そのあとは別れて互いに日本に帰ります

チェックイン時に頼んだら座席を隣同士にしてくれた中国東方航空。ありがとう。

さぁまたまた長時間のフライトです

 

21カ国目中国・上海

 

上海に深夜に到着ーーー

上海から日本に飛ぶのは今日の夕方です。だから半日以上の待機となりまして、二人で観光することに

中国入国しまして、ゆうたは上海に前いってたので彼の案内で観光

まずは中華料理!!!

そこらへんの食堂にはいります

やさしそうなお母さんがでてきて、メニューを見て頼んでみると半分以上は今無理みたいなこといわれた笑最終的にラーメンみたいなのを頼むとでてきたのはこれ

パクチーさーーーーーーん

東南アジアで困ったパクチー。ジョージアでもノーコリアンダーって注文したくらいのパクチー

さて、この旅で味覚は変わったのかチェック!!

ん??

あれ、まずくないぞ??

てかむしろ、パクチーと一緒に食べたほうがうまい、一緒にたべたい、、、

ひーーーーーーーはーーーーーーパクチー克服!!!

また一つ大人の階段を上ってしまいました。

そのあとは散歩

約4か月振りのアジア

やっぱりアジアの僕はアジアが好きです。美しかったり、整っているわけではないけどもどこか温かく、優しさを感じる街
かえってきたなーって感じ

そしてゆうたがおれに見せたいといっていた景色はこちら

 

くもくも

夜景バージョンだと相当すごいんだろうなぁ

小籠包を買って食べながら、眺めました

あーあ、ついに終わるんだなって

実感は全然なくて、達成感も不思議となくて

あるのはただ思い出のみ

めっちゃ長い旅になると思ってたら、あっさり終わってしまった。しかし終わってみたらなんでもそう感じるもんだ
振り返ると一日一日がほんとうに新鮮で長かった

最後の国をかみしめていきます

 

ゆうたとお別れ・日本帰国

そしてぼちぼち空港に帰還

ゆうたは関西なのでぼくより早い飛行機でした。そして最後の最後までラウンジを使ってました。ちくしょうが!!!!
楽天ゴールドカードにすると無料でラウンジに入れるカードを無料で申請できるんでおすすめ

ゆうたには本当にお世話になった

旅三日目、タイで出会い、興味のあることがかぶってて驚いた。こんなやつがいるんだなってびっくりした。でもおれなんかより何歩も先に行ってた。そんなゆうたの背中を追ってたし、追ってこいって背中をしてた。別れた後もちょくちょく連絡をとってて、あいつが電話をしてくるときは決まっておれがだらけていたときだった。

本当にそれで気合が入るし、ちゃんとやれよって叱られている気分だった

それでも振り返ってみると、おれはベストを尽くせなかった。ベストを尽くす動機、力の源がなかった。それはそれで仕方ない。追うべき背中をしている友達を得ただけで大きな財産だ

これから全力を尽くし、やるべきことをこなしていく。ヤルやつはやる。やらない奴はいくらやってもやらない。これがこの記事に言葉だけとして残るのか、実績が伴ってくるか、お楽しみ。

尊敬できる同世代のやつってあんまりいなかったからとても新鮮だった。憧れてはいけないから憧れてなんかいないけど

彼は宇宙飛行士になる。なってほしい。おれがこのまま頑張り続けて、今度はおれが彼を助けるチャンスがくることを祈ってる
将来、「あの話題の宇宙飛行士と、世界一周してる時に出会って、一緒にグランドキャニオンをみたんだぜ」って言わせてくれ
そしてゆうたに言わせるような男になります。

っていう思いを胸に秘めて、お別れをした

最後はハグ。ハグが好きな男、あついぜ。ゆうたがラウンジから持ってきてくれたオレンジとかコーラを忘れないよ

そしてぼくはまた一人になった

 

世界一周の旅のおわり

大阪なおみの決勝を空港でみながら、搭乗時間を待つ。

おわった。やっとおわった。そんな気持ちだった。

日本に帰れることが楽しみでありつつ、少し寂しかった。

日本に帰りたくない!!っていう気持ちはなかった。それは自分の気持ちが次のステップに進んでいたから

少しエモーショナルになりながら。飛行機に乗る

さぁ長い旅の終わり

ほとんど見てる人なんていないだろうし、更新頻度遅すぎて申し訳ありませんでした
でも、みてくれた方はありがとう

まってろ日本!!!!

これ書いてるの、帰国して三か月後くらいなのに、今更めっちゃ感動してます。泣く三歩手前くらい。やっぱり旅のまとめはしっかりしておくべきだ。次の記事からは旅のまとめとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です