分かってない人が多すぎる!!リーダーのあなた、ちゃんと仕事を分担、割り振りをしていますか?知らないうちに信用を失っていますよ….

ひさびさにリーダーシップについて。

散々リーダーシップや、サークル運営のコツについてはお話してきましたが

部長、代表!に選ばれてしまった人へ!元部長が教える、部員、グループをうまくまとめる方法

元部長,代表が教える!!リーダーになりたい学生がするべきこと・身につけるべき習慣

 

サークルを引退してから、後輩のサークル運営する姿をみていて、ひとつ気になることがあったので記事にします。部活の部長さんや、学生団体の代表さんなど代償関わらず人の上に立って指示する立場の若者に読んでほしい

 

テーマはみんなに仕事を割り振ることの大切さ

いがーーいとわかっていない人が多い

リーダーが一番働いてみんなを楽させようなんて時代は終わってますよ?

 

リーダーは一番働くべきなのか

 

後輩の代表や、〇〇係長などの話を聞くと、どうやら一人でどんな仕事もやってしまい係全体に仕事が伝わっていおらず、当日にあたふたしたり、長がパンクしてしまうなどがあるらしい。

なぜ、リーダーが一番働こうとするのか

たしかに僕も始めてそういうリーダー的な役割に選ばれたときは、みんなより働かなければいけないと思ったこともある。いまは全くそうは思わないので、どういう考えで一番働こうとしちゃうのかわからない

思いつくのは

  1. 他の人の負担をなるべく減らすべき
  2. 自分一人で完結してしまう
  3. 割り振るのがめんどくさい
  4. 手柄を独り占めしたい
  5. 自分の考えを貫きたい

とかだろうか

ぼくは全然優秀じゃないので、他人に割り振る必要があったっていうのもあるが、意図的に仕事を分担するようにしていたころもあるが、これだけは確信できる。

 

リーダーが一番働くべきではない。

みんな同じくらい働くのがベストだ

 

リーダーが仕事を抱え込んでしまうデメリット

 

リーダーが仕事を抱え込むことはデメリットしかないと思っている。それだとチームがいる必要がないからだ

 

グループ・係員から不満がでる

 

多くの人が忘れていることがある。

それはみんな自尊心があり、満たされないと不満がでるということ。

あきらかにやる気がないやつなどは例外だが、大体の人にはプライドがある。それは自分は有能であるというプライド。例えば、新入生を楽しませるためのイベント企画するグループが作られたとして、4人で構成されたとしよう。

もし、そのうちのグループリーダーが仕事のほとんどを独りでやってしまったら他の三人はどう思うか。

  • 仕事全部やってくれてラッキー!
  • 私いる意味あったのか?笑
  • せっかく選ばれたのになんもできなかった。やりがいもくそもなかった

 

この三つだろう。自尊心の低い、めんどくさがりの多い中学生は意外と一番上のタイプが多いかもしれないが高校生、大学生はほとんどが2,③番目だ。これはお互い学生というところもポイントで、学生は自分もやりたいという意欲が強い、それはリーダーも学生であり決して、この人にはかなわないとは思わないからだ

そこでもしリーダーが全てやりきってしまったらどうだろう。仮にイベントが大成功したとして、他の人に褒められてもうれしいのは仕事をしたリーダーだけだろう。

リーダーが一人で抱え込んで成功するほどしょぼいプロジェクトなんてないと思うが。

 

新入生を楽しませるために頑張ろう!!と意気込んでいるのはリーダーのあなただけではないことをよーく知っておこう。

 

パンクする・ミスをする

 

人間は必ずミスをする。

それは一人の人間には一つの視点しかないからだ。

リーダーがこれだ!と一度自分で納得したことにもし欠陥があったとしても、一度納得したリーダーがそれに気が付くことはない。気が付いたとしても、それを修正することはほぼないだろう。
これは人間に強い影響力を及ぼす、一貫性を保とうとする心理によるものだ。

例えば、もしその仕事を「なんでも深く考え込む女の子」や「とりあえず完成させればいっしょ」という人たちにも参加させていれば、深く考えることによって気が付いた問題点や、全体をぱっとみて気が付いた重大な欠陥に気が付くかもしれない。
それをリーダー一人でやるのは至難の業だ。

それで仕事が滞り、準備や当日うまくいかなかった場合、係の仲間に「ひとりで抱え込んでるからだろ」って言われちゃうに決まっている。

 

リーダーとして評価されることはない

 

もしあなたがプロジェクトを全員で取り組まず、一人でやったほうがすごい。同じプロジェクトなら大人数より少人数で成し遂げたほうがすごいんだ理論をお持ちの場合は、すぐにその理論を投げ捨てほうがいい

一人で抱え込んで、仕事を成功させたとしても同じ係の人達からは不満しか漏れないだろう。その不満は広がり、あなたは独りよがりで、やりきってしまうダメなリーダーという評価を下される。
これが結果主義、数字さえ出せばいいという社会人、企業などではなくて学生団体の難しいところである。

 

仕事を分担するメリット

 

抱え込んでしまうデメリットの反対だが、メリットをちゃんと知っておくことで今後大いに役立つと思う。カーネギーの「人を動かす」という名著と、中高部長、大学での代表という経験から得たことをもとに書いてます。

名著中の名著【人を動かす】これを読んで人を動かす側に行け!!

 

人に重要感を持たせられる

 

人はプライドがあるといったが、それを満たすことができればその人は実力を発揮しようと努力をし、満たしてくれたリーダーを評価する。重要感を持たせる。これは人を動かすうえで最も大切なことだ。重要感を満たされ、プライドを満たされた人は、最大限努力をする。

 

重要感ってのはそのままの意味で

「これは君にしかできない仕事だ」

「この仕事次第で成功か失敗するか決まる」

とシンプルに、あなたは重要だ、あなたの力が必要だと思わせること。

こんなお世辞みたいな言葉が一番効く。もしあなたが真にリーダーとして選ばれている存在なら

「まかしとけ!!」

って返事が来るはず

「えー、他の人にやらせてよー」ってきたら、それはあなたがリーダーとして信頼されていない証拠だ

 

 

責任が細分化される

 

例えば、小さな仕事でも全体で話し合っていた場合、もしそれが間違っていた場合に責任の所在がわからなくなる。

責任なんてみんなで背負えばいいじゃないか!!って思った人がほとんどでしょう。

たしかにいざミスが発覚し、責任を負わなければいけないとなった場合、リーダーを筆頭にみんなで背負うべきだ。それが理想のチームだと僕は思う。

 

しかし、責任が意味を発揮するのは、責任をとる前である

 

責任はひとつのプレッシャーであり、周囲からの信頼の証だ。

例えば、リーダーがあなたに「〇〇に電話して、お店を予約しておいて」と頼んできたとしよう。
しかし、次の日にはやっぱりおれがやっとく!と言われたら、どこかがっかりしないだろうか。仕事がなくなったー!って思う反面、なんでぼくにやらせてくれなかったのだろうかと、リーダーからの信頼のなさを一考してしまわないだろうか

責任は、責任を負うことができる人だという信頼の証である。

 

また、仕事が終わったあとに各員のやりがいの源ともなる。「私はあれを任せられて、結果うまくいったなー」「私が任せれていたあの仕事をもうちょっとうまくやっておけば、よりよくなったなー」と、みんなに満足感を感じさせることもできるのだ。

 

いざという時に備える

 

もし、あなたが仕事を分担せず、一部しか他の人にやらせていなかったとして、当日あなたがいない場所でトラブルがあったとしよう。その場にいた係の人は、そのトラブルに対処する方法を知らない。それは、どうすればいいかわからないからだ。

なぜわからないのか。

仕事、プロジェクトの全体図を知らせれていない、見えないからだ

仕事を分担しないとこういうことになる。

いわゆる無能な係が誕生してしまう

もし、常に仕事を分担させ、係の人にもプロジェクトの進捗を把握させていてれば、当日にうまく対処できたかもしれない。

 

仕事の質・速さがあがる

 

当たり前のことだが、人一人に対する仕事量を減らせば、それぞれの仕事の質は高まる。

この一つのメリットだけでも、仕事を分担させない理由はないよね

 

リーダーとしてのあなたは信頼・評価されているのか

すでに述べてきたことには大前提がある。

あなたがリーダーとして、人として信頼、評価、頼られているか

だ。

選ばれている時点で少しは一目を置かれているとは思うが、もし信頼されていない場合に仕事を割り振っても

「自分だけ仕事しないつもりだろ」

「自分はなんもできないくせに」

とか思われてしまう。

 

こう思われてしまってはおしまいだ。もしかしたらこう思われているのだと、思いこんで仕事を抱え込んじゃってる人も多いのだろうか

 

リーダーシップ論まとめ

 

もしあなたが今一人で仕事を抱え込んでて、

あーこんなしんどいことを一人でこなしてるおれ、優秀だなーとか思ってるんだったらさっさと仕事を割り振ったほうがいい。仕事を割り振ることを、自分の弱さを見せることだと思っているんだったらきみはリーダーとしてまだまだまだまだだ。

他にもこちらをどうぞ↓

大学生をまとめる!元約100人サークル代表が教える【サークルを上手に運営するコツ】

名著中の名著【人を動かす】これを読んで人を動かす側に行け!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です