ジョージア・トビリシのおいしくて安いレストラン二つとシャウルマが食べられるお店情報まとめ

サルート!!リアルタイムはルーマニア首都のブカレストです!

ブカレストに到着してから宿まで移動するときなんでかわかんないんですけど、話しかけてくるタクシー運転手二人組についていってしまったんですよね
そしたらまぁいろいろあって、最終的に8500円とられたっていう日です笑

めちゃくちゃ萎えて、買い物しかしてません初日は笑。なんとか切り替えたので、ブログ書いてます

この話は落ち着いてからかきますね笑

 

さて、バクーから電車でジョージアトビリシまで移動してきました!

誕生日を祝ってくれるためにわざわざ日本から会いに来てくれた彼女と三日間を過ごし

記事でも書いたように元気をもらい、一週間経つ前に出るはずのトビリシに二週間いました笑

そこで基本は自炊していましたが、安くておいしいレストランとシャウルマっていうファストフードを食べられるお店を二つ紹介します

レストランは他の人のブログをみて行ったところだけです笑

 

ジョージア・トビリシの安いおすすめレストラン

 

自炊に目覚めて自炊ばっかりしてたので、行った店は少ないですが、以下の二つはまず間違いないです!!

 

チュリ・Churi

(左の赤丸です)

 

ぼくを救ってくれた人が働いていたレストラン(ボランティア募集しているわけじゃないですからね笑その人の人間性と根性で働かせてもらえているだけです)

見た目はこんな感じ。入りづらくもなく、入りやすくもない笑

中に入ると、席があって、奥に進むとレジカウンターがあります

席に座る前でもあとでもいいので、そこにいってメニューがカウンターの右にあるガラスの上においてあるので、それを取ってその場で注文してもいいし、一度席にもどってもいいです

注文方法は言葉でもメニューを指差ししてもだいじょうぶです。ヒンカリは五個からの注文です

ぼくはシュクメルリ14ラリ(日本人くらいしか頼まないらしい笑)

オーストリ8ラリ(ノーグリーンっていうとパクチーなしにできる)

 

ヒンカリを頼みました

 

シュクメルリはほんとにんにく祭りでしたが、男の僕としてはめっちゃ好きです笑

トビリシであった人はみんな一人では食べきれないっていうんですが、ぼくはパンも頼んで食べきれました笑
ですが、楽々ではないので女性の方はもちろん、少食だなっていう人は複数人で行く場合のみ注文するようにしてください

お会計は基本は食べ終わった後らしいのですが(追加注文のためかな?)ぼくは毎回頼んだ時に同時に払ってました

 

ラチャ・Racha

 

(赤いポイントのところです)

左上のリバティースクエアから歩いて五分ほどです

旧市街に近いのでこっちのほうが行きやすいかもしれません

道路に面していて、地下に下る感じで入店します

(これは閉店していたとき)

開店時はたいてい半分、ドアがあいてます

中にはいるといつもお客さんが7割くらいは入ってる人気店です

まずは席に座るとおばちゃんがメニューを持ってきてくれます

ぼくは最初はおばちゃんが注文ききに来てくれたんですけど、どうやらレジカウンターに行って注文するのがスタンダードらしいです

ぼくも二回目以降はそうしてました

店内奥にレジカウンターがあって、レジ専用のおばちゃんがいるんでいつでも大丈夫です

支払いは食べ終わった後です

ぼくはここで

ハチャプリと

 

オジャクリ

を注文

ハチャプリはいままで食べてきたハチャプリが口に合わな過ぎてリベンジだってことで食べたんですけど
目た目が違いすぎて驚きました笑

こういうハチャプリもあるのねって笑 味はこっちのほうが食べやすかったですね
でもチーズが重くて、量もあるので二人以上がベターです

 

シャウルマが食べられるお店

シャウルマっていうのはロシアの料理らしく、ケバブみたいなものです

お肉と野菜がこれでもかってくらい生地のなかに詰まっててほんとおいしいです

ぜひ食べてほしいです

 

シャウルマクラブ

 

青丸がシャウルマクラブです

(外観を撮影し忘れる大失態をお許しください)

ひとつはどのブログでもおすすめしていたやつ

ステーションスクエアから少し歩けばいけます。上で紹介したチュリからは歩いて五分もないです

トビリシでは人気のファストフード店らしく大体人がいます。外に席があって、店内はせまい笑


メニューには英語版もあるので安心してください

Lavashiっていうのがイメージ通りのケバブの記事で、ブレッドだとホットドックのような状態になります

ぼくはLavashiのスタンダードを注文しましたがこのサイズです!!

スタンダードで0からおなかいっぱいになります笑

ジャイアントシャウルマたべたかった、、、

注文はマックのようにシンプルに上のメニューみながら名前を言えばだいじょうぶです

なにか入れたくないものはあるかと聞かれます。ぼくはなにがはいってるかの英語が全部聞き取れなくてアレルギーもなかったんで特に抜いてもらわなかったんですが

黄色い唐辛子がたくさんはいってますので、なかなか辛いです!!!!

辛いの苦手な人はノースパイシーっていいましょう

あとは注文票みたいなのを受けとって、右手にある受け取りカウンターでまちます
注文票は意外とチェックするのでなくしてはいけません!!

店でくうか持ち帰るかきかれます

ぼくは外に一人で食べる机がなかったんで、持ち帰りにして駅前の公園でたべました

にしてもでかい

そしてお味はめちゃくちゃうまい!!!!

日本のように肉が少なかったりなんてことはなくて
これでもかってくらいお肉と野菜とソースがつまってます!!!

ただ辛かったので、辛くなかったら最高だったんだろうなっておもいます

 

店名不明・Avlabari駅付近のお店

(これまた外観を撮影し忘れる大失態をお許しください)

二つ目はぼくを救ってくれた人が教えてくれたお店

地下鉄のAlabari駅をでて右に進んで、右に曲がり目の前にスーパーが見えたら
その分かれ道に進む手前にあります

(Maps.meだったらぼくがシャウルマがおいしいお店って追加しておきました笑)

入口が階段をおりたらあります

ちょっと入りづらい感はありますが、店長優しいので大丈夫です!

混んでいなければすぐ注文、混んでて忙しそうだったらとりあえず席に座ります

店内はせまいなかに厨房と席が一緒になってるんでこみやすいです

店長さんが暇そうになったら、シャウルマプリーズとでもいいましょう

そうするとスモールかミディアムか聞かれ、チキンかポークか聞かれ、スパイシーかノンスパイシーか聞かれます

チキンかポークか選べるところがシャウルマクラブとの大きなちがいですね!!

目の前でささっと作ってくれます

ぼくはミディアムを注文

こちらもまぁなかなかの大きさでございます

シャウルマクラブのスタンダードとほぼ同じです

(ピント、、、)

お味は激ウマ

でも正直シャウルマクラブが辛くなかったら同じくらいかなって感じです

それほどクオリティはおなじです

お値段はミディアムで7ラリ、スモールで4ラリです(2018/10時点)

店内に飲み物も売ってるので、欲しければ手に取って、最後に一気に清算です

 

まとめ

 

ジョージアは物価も安いので自炊よりはジョージア料理を堪能するためにレストランに積極的にいくのもありだとおもいます!!

シャウルマとシュクメルリはまた食べにいきたいですねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です