朝活の為に早起きする方法【朝を制すものは一日を制し人生を制す】

 
これまでも何度か朝活の話はしましたが、最近も続いていて朝活ってやっぱ半端ないなって見直したのでもう一度改めてかいておきます
 
早起きがすごいのではなくて、早起きして朝の時間に何かに取り組むことが最高であります。
 

朝活って一体なんなの?

朝活は、朝に活動するで朝活です(たぶん)。なので、早起きして何かに取り組めば即朝活というわけです。朝に活動するのも昼も夜も結局は一緒なんじゃないん?って思う人もおおいでしょう。早く起きるってことはそれだけ早く寝ますからね。
 
朝活のメリットを述べる前に、朝活を実践している人ってどんな人かと例をあげましょう
  • ビルゲイツ
  • ハワードショルツ(スタバCEO
  • マーガレットサッチャー
 
錚々たるメンツですね、、、、
朝活すれば彼らみたいになれるとはいえませんが、彼らは朝を有効活用しています。
 
 
 
ちなみに僕はどんな朝活をしているかというと、かっこよくいうとモーニングルーティン
 
5時起床→白湯とココナッツオイルを飲む→軽い筋トレ→シャワー→外出→スタバで作業
 
こんな感じです。九時からバイトの時に、バイト近くのスタバに七時には到着している感じです。
バイトではない時は、シャワーを浴びてからはその日次第ってかんじです。これからは最寄りのカフェでブログかこうと思います。
 
それでは、彼らのような有名人がどうして朝活をするのか、そして凡人の僕もなぜ朝活をするのか
朝活のメリットを紹介していきます。
 

朝活のメリット

朝活、早起きを一回でもすれば得られるメリットを紹介していきます。なお全て実体験に基づいているので、万人共通だとは思わないように。

 

一日の最高のスタートを切れる

 
朝活初心者が一番実感するメリットじゃないかなとおもいます。ほとんどの人が早起きしてカフェで勉強する人はすごいとか、かっこいいとか憧れがあります。
 
その憧れのモーニングルーティンを実際に自分ができたときの、快感はたまんないです。自分のすべてが有能な無敵感みたいな笑
早朝に自分にそこまで高揚することはなかなかないですよね。そんな気持ちで朝が始まったら、そのあとの予定もエネルギッシュにこなしていけます。
 

最強の集中力を発揮できる

朝の30分は夜の2時間ほどに匹敵するといいます。
 
たっぷり寝て起きた直後の脳は、体力満タン・容量0ですから集中力が研ぎ澄まされています。なので、朝には生産的なことに取り組むのがすすめられています。
昨夜はなんど考えても浮かばなかったアイデアが、朝にふと浮かぶなんてことはざらにあります。
 
実際、僕はアイデア系・考察系の作業は朝にやっていて、そのほうが圧倒的に質が高いです。
 
 

時間に余裕がうまれる

僕が朝活をやっていて一番うれしいというか、ハッピーになる瞬間があります。
それは
「なんだ、まだ七時か、、、、」
です。
 
 
もう14時か、ならわかりますよね?
10時過ぎに起きてベッドでスマホいじってたら、気づいたら14時。一日の半分がおわりかけているなんてこと。
 
 
でも朝活をしていれば、そんなことはありません。時間が有り余っている感覚になります。
最強の集中力と高揚感で、自分の作業効率は最大限にあがっているのでその日にやることはさくさくできます。
そうすると、それなりの作業をこなした!と思って時計をみたら、まだ七時。
 
 
他の人はまだ寝ていることもある、この七時におれはこんなにもやることをやったのか!!!!って自分への満足感がこみあげてきます。
 
シンプルにそんだけ時間が生まれるって相当すごいですよ。他の人はこれから起きて、九時から作業をするのに自分はすでにはじめている。
時間はみんな平等ですが、活動時間・活動効率は人それぞれです。
 
 

心にも行動にも余裕をもてる

単純に早起きすればそれだけ時間が生まれるので、今日一日の準備とかゆっくりできますし、遅刻なんてしません。
ゆーっくりしながらその日をはじめることができます。バタバタしている人よりは、いい一日を過ごせるのはあきらかですね。
 
 

朝活のデメリット

ぼくはデメリットが気にならないくらいのメリットがあるので、気にしませんが一応ぼくが気になった点を紹介します。
 

夜の融通が利きづらい

朝活って一日だけやってもそんなに意味はありません。継続は力なりです。
ですが、夜は楽しいですよね。飲み会に誘われたり、オールしたりとか
 
朝活をしていると、何時までには寝ると決めるのでその分夜も家に帰る時間がきまってきます。
 
友人との時間か、自分の朝活習慣のためか。悩むのがしんどいです。
 
 

質の低い朝活は逆効果

朝早く起きればいいと思って、十分な睡眠をとらずに早起きするのはだめです。ただの寝不足ですし、しっかり寝ていないので朝活本来の力を発揮できません。
 
朝活を試みるのは素晴らしいんですが、やり方を間違えると逆効果になってしまうので気を付けてください。
 
 

朝活のやり方・必要な準備

(朝6時くらいのサンフランシスコ、朝ってさいこー!ってときの写真)
朝活のやり方・準備といっても、土台というか最も大事なのはまず起きれるかどうかです。
 
 
つまり、早起きのやり方です。ネットや書籍でも早起きのやり方はたくさんあります。玉石混交なので、これから僕が教えるやり方も一つのやり方と考えてください。
 
大切なのは、実践して反省です。自分にあった最高のやり方をみつけましょう。
 
 

早起きのコツ・方法

 
早起きのコツややり方は大きく三つあります。
 
  • ベッドに入る前
  • 横になってから
  • 起きた後
この三つが整うことで、最高の早起きができます。
一つずつ、なにをすればいいか解説します。
 

早起きのやり方「ベッドに入る前」

ベッドに入る前に気を付けなければいけないのは、体の状態です。睡眠とは体の休息のための時間ですから、体が思いっきり活動している状態でベッドに入っても、なかなか寝ることはできません。
それでは思いっきり活動している状態というのはどういう状態なのかというと
 
  • 胃が食べ物を消化している
  • 体があったまりまくっている
  • 眼が冴えている
 
主にこの三つが体がまだまだ寝る状態ではないときです。
 
 
眠りのメカニズムに詳しい訳ではないので、細かく説明はできませんが
寝る前三時間以内に固形物を体に入れると、胃はずっとそれの消化に追われているので、ベッドで横になってめをつぶっても体は寝ようとはしません。寝る直前に激しい運動や、あったかいお風呂にはいると体の交感神経とやらが働き、興奮状態になってしまいます。
 
 
体が興奮状態になってしまっては寝つくのはむずかしそうですよね。寝るⅠ時間前にもずっとスマホ見ていたり、テレビを見ていると強い光で目が冴えてしまいます。これも当然眠りを妨げます。
 
なので、ベッドに入る前の大切な準備は
  • 寝る三時間前から固形物を口にしない
  • 寝るⅠ時間前に筋トレやお風呂に入らない
  • 寝る一時間前からスマホ絶対にみない
この三つを徹底してください。
この三つだけでも、あなたの今日の眠りはめちゃくちゃ改善されるはずです。
 
 

早起きのやり方「横になってから」

寝る前にご飯、筋トレ、スマホを控えて、いざ寝よう!とベッドに入ったらやることはひとつです。
起きる時間を念じる
です。
 
これは僕めちゃくちゃ効果あるとおもっています。念じるとか暗示とかなんかうさんくさいって思っていたんですけど、この念じる力はすさまじいですよ。
やり方は簡単です。もし明日7時に起きたいのであれば、眼を閉じて、時計か時間をイメージしながら
「おれは明日七時に起きる。おれは明日七時に起きる。」って5回は声に出してください。10回ならさいこうです。
 
 
そしてそれを唱えたら、なにも考えずに寝る!!
それだけです。
最初は声に出していないとダメでしたが、僕は最近頭の中で念じるだけでもだいじょうぶになっています。
これ、騙されたと思ってやってみてください。ちゃんと声に出して、起きる姿をイメージして。
 
 

早起きのコツ「起きた後」

 
最後は完璧な状態で眠りについたあとのはなしです。
正直蛇足気味ではありますが、大切なことなので伝えておきます。ここでもやることはひとつです。
 
強制的に体をベッドから出す
です。これだけで十分じゃんって思う方いるでしょう。でも、これだけで本当に早起きがほいほいできるのならあなたはすでにやっているとおもいます。
 
 
上記の準備をしっかりやって睡眠に入っていれば、すっと起きて、目がさめているので大丈夫だとは思いますがスマホを枕元においておくと、すっきりした頭でスマホをいじってしまいます。
 
なので、スマホはベッドからでないととれない位置においときましょう。
体が強制的に起きればだいじょうぶです。
 
 
早起きのコツ・やり方をまとめると
 
  • 寝る三時間前からは何も食べない
  • 寝る一時間前までに筋トレとお風呂は済ませる
  • 寝るⅠ時間前からスマホを絶対に見ない
  • 寝る直前に〇時に起きると声に出す
  • スマホをベッドから遠い場所においておく
この5つのステップを徹底すれば、絶対に起きることができます。さっき、一人一人違うっていいましたが、これは我ながら現代人の最適解なのではないかと思っています。
 
 

起きてから朝活をするコツ

 
 
朝、起きたのはいいけど結局スマホいじっておわってしまったなんてことがないように、朝活をするための準備も必要です。
 
 
それは
 
 
やることを決めておく
 
当たり前じゃん!思う人も多いと思いますが、意外と早起きして、結局スマホいじっておわった人とか多いんじゃないでしょうか。めちゃくちゃもったいないです。せっかく起きたのだから、有意義な時間にしてほしいものです。
これは徹底的に具体的にきめてください。
決めたら机に準備しておくとかもいいですね。
 
 
実際になにをやればいいのか、わからない人はこちら↓
 

筆者の思う朝活最大のコツ

大勢
 
ぼくが思う朝活の最大のコツは、朝活できていない人がいる事実をしる。です。
 
 
ようは優越感や満足感に浸ろうというはなしです。
例えば最寄りのカフェにいけば、ほとんどお客さんはいないでしょうし、最寄り駅まで歩いていっても、人もほとんどいません
そんな中で一人活動していたら、めっちゃ優秀な感じしません?自己肯定感が爆上がりです。
あしたも朝活しようってなること間違いなしです。
 
 

おわりに

朝活は間違いなく人生を変えます。
自分を律することのできる人間にしか朝はつかえません。だから、朝の質は夜より高いってんでしょうかね。
なによりみなさんには、これを読んだ今日、今夜から実践してほしいと思います!!
 
明日の朝やるべきことはこちら↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です