人生を必ず幸福に生きる為に【お金と女性を攻略する方法】

 

今回は、人生の生き方について。僕が色んな人の話を聞いたり、本を読んだり、実際生きたりして思った事を書きます。人生の生き方の参考になれば。

テーマはタイトル通りの

金修行と女修行を終えて、幸福をしっかりつかみましょう

 

金修行とは

金修行とは言葉の通り「お金を稼ぐこと

現代は資本主義、貨幣経済です。お金である程度のものは買えます。

いまさら、言わなくてもみんなお金は大好きです。僕も貧乏よりかはお金があったほうがいいです。

辛い思いをしながらでも働く人がいるのは、その人にお金がないから。お金がないと生きていけないから。お金がない=死に近い ってぐらい重要なものと考えられています。

 

だから、この人生を楽しく送りたいなら「お金ない問題」はすぐに解決しなければいけないはずなのです。その為の「お金修行」をしっかりやっていこうねって話です。

じゃそのお金修行の為に、大企業を目指そう!!って言いたいわけではありません。大企業に勤めていても、一生お金ない問題に頭を悩ませる人もいます。

つまりずっとお金ない問題が消えないから、大企業といえば働きたくない職をやり続けなければいけないって人が意外と多いのです。特に、少し前は今の時代みたいに「好きなことで生きる」なんてのはごく一部の人ができる事で、当時は辛くても高給の為に粉骨砕身!!って感じでした。

しかし、今は違います。

超簡単な例でいえば「Youtuber」。彼らの仕事は楽ではありませんが、自分でその道を選んでしんどくも楽しく動画配信をしていますね。どうして、彼らは儲かるのかというと動画という「資産」が、彼らが寝てる間にもお金を稼いでくれるから。

いうなれば、自分の分身を作り出してるわけです。

その分身が増えて、分身が稼ぐようになればなるほど本体がどんどん儲かるって仕組み。

これがビジネスの根幹です。多くの人が勤めている企業も、大昔は初代会長が一人でやってた仕事を、部下という名の分身を雇ってお金を作り出しました。そうすると、本体である社長に一番お金が入ります。部下はそこまで入りません。

雑なまとめ方ですが、Youtuberも社長も変わりません。

  • 自分で「資産」を作り、それを売り、お金に換える。

それと違って、多くのサラリーマンの方々は

  • 自分の労働力を売り、お金に換える。

なので、労働力を高めなければ、お金は増えません。

 

ここが大きく違います。社長は、商品の質と量を高めればどかーーんと儲かりますが、サラリーマンはそれを売る為のお手伝いしかしてないので、どんなに頑張ってもそこまで儲かりません。

 

なので、グーグルやアップルなどなど超ホワイト超優良企業に勤める場合はそれでも、十分かもしれませんが「とりあえず高年収欲しさゆえに企業に勤める」っていうのは、お金ない問題解決の為のいい解決策に思えて、実はあまり解決になっていないのです。

 

「たとえ社長のようにぼーんと儲からなくても、大企業で働ければ十分なお金をもらえるんじゃないの?」

と思いますよね。

ここに大きな罠があるのです。

そもそも大企業に勤めるとどうして給料が高いのでしょうか?

それはその企業の利益が大きいからですね。利益が多いということは、市場の中において有利な企業、業績を上げているということ。つまり、社員は業績を上げなければいけません。だから、そこで雇われる社員は「業績を上げられるだけのスキルのある社員」ということになります。

業績を上げるっていうプレッシャー、仕事の負担があるわけです(そこを負担と感じない企業に就くのはある種の正解ですね)

だから、せっかくのお給料もその仕事の負担によって生じた「肉体的、精神的疲れを癒すための費用」に変換されてしまうのです。

例えばそれは華金の飲み代だったり、ブランドものの服だったり、土日+有給の海外旅行だったり、高級レストランの外食だったりなどなど。

給料が上がればそれだけ生活ステージをあげてしまうので、いつまでたっても自由に使えるお金が増えません。(海外旅行費用などは、仕事の負担から生じた必要費だったと考えます)

だから、実際給料が高いけど仕事が超きついAくんと、給料は決して高くないけど仕事はのんびりできてるBくんだと、B君のほうが人生の幸福度が高いなんてこともあります。

 

とはいえ、そのBくんも働き続けなければ給料がもらえないわけですから、しんどいといえばしんどいです

 

長ったらしい前置きはここまでにして、お金修行の結論は「自分以外、分身を作り出して、分身にお金を稼がせよう」ということです。

その分身ってなんなのかというと、例えば

  • ブログ
  • Youtube
  • 自前の商品
  • 自分のレストラン、カフェ
  • 書籍
  • ビジネス

です。自分がずっと作業していなくても勝手に誰かに価値を提供してくれているもの。

こいつを早く作れば、それだけ人生は楽になって、お金修行を終えることができます。

この話は超有名な一冊「金持ち父さん貧乏父さん」からです。読んでない人はやばいので、ぜひ一度読んでみてください。

 

 

女修行とは

お金修行の後か先か同時か、いつでもいいですが20代のうちに終えるべき修行が「女修行」

簡単に言えば「あー女性とホテルいきてぇ、ムラムラする」「あの子可愛いなぁ抱きてぇ」って思うのをやめようってことです。

どうしてかというと

テレビや週刊誌見てればわかりますけど「女性とのスキャンダルで破滅している人」が本当に多い。

輝かしい実績を持っている人でも、少し女性に対しての性欲に溺れたせいで、すべてを失う人がいます。みていて、めちゃくちゃもったいないと。彼らは若いうちに「女修行」を終えなかったから、そうなってしまったんですね。

 

具体的にどういう状態が女修行を終えているかというと

  • その気になれば、女性を抱くことができる(方法、環境がある)
  • ある程度女性を抱いてきて、女性と交わることに飽きてきている

この二点です。

僕みたいなまだまだ非モテは、例えば芸能人級に可愛くて、セクシーな子を見たら「あぁぁ」って思ってしまいます。女修行を終えている人はそうは思いません。実際にアプローチして抱くか、そこまで気にかけません。

仮に僕が今後社長になって、そこそこ有名になってもめちゃんこ可愛い人に言い寄られて、ホテル行って、そこを週刊誌に写真とられたらおしまいです。

女修行を終えないと、常にそういう危険性を持っているってことになります。

極端ですが、性犯罪者ってのはまさに「女修行を終えなかった人」ですよね。もう犯罪するしかないぐらい女性のことで頭がいっぱいなわけです。

だから、僕たちは若さがある20代のうちにある程度女修行を終えなければいけないのです。

じゃ、それってどうやるのって話ですよね、実際、僕も女修行を終えてないので詳しいことはわかりませんが僕が思ってるのは

  • どんな女性でもとりあえず合格はもらえるぐらいの見た目にすること
  • 美人を何度も相手にすること、成功体験を積むこと

この二つに限ると思います。前者は「筋トレ」「髪型」「健康」「ファッション」などなどで、後者は「ナンパ」とかでしょうか。

とにかく「女性がくるのを待たないで、自分から自分が惚れるぐらいの美女に何度も突撃していく」ことが大事です。その繰り返しの中で、どんどん男としての魅力をあげていくってのが肝なんだと思います。

↓いっちょ前に方法だけ書いてます。参考までに。ともに頑張り続けよう。

 

お金修行と女修行を終える意味

お金修行と女修行を終えた先に何が残るでしょうか?

それは「自己実現」です。

みんながずっとほしい欲しい言ってるお金と女ってのは「社会的承認欲求」「物欲」「食欲」「性欲」を満たすツールでしかありません。

 

そのお金と女をある程度満たした後に出てくるのは「人生で本当にやりたいこと」です。

真の人生の幸福とはなんなんでしょうかって壁にぶち当たるわけです。

 

周りに奴より高い年収をゲットして、誰もが羨むような女の子をパートナーにして、あとはなにしようってなったら「自分がやりたいことをしよう」ってなりますよね。

ここからが幸福修行です。修行というか、すでにこの時点で「幸福」なんですね。

 

お金修行修了の最中にその自分のやりたいことを見つけるって人も多いかもしれません。

とにかく自分のやりたいことをやる。これに勝る幸福はないと僕は思います。

じゃ、自分のやりたいことってなんなのってことですがそれはもう見つけるしかありません。

その方法で僕がお勧めするのはこの二つ。

 

 
 

人生でやるべきことまとめ

今回伝えたかったのは

  • お金欲しいお金欲しいから解放されて
  • あの女の子抱きたい抱きたいから解放されて
  • 自分のやりたいことをやってる人生を手に入れよう

っていうお話です。

その為にステップをしっかり踏んでいきましょうね。僕のブログもなるべくそのどこかに当てはまる話ばかりしているので、これからも時々読んでくださいね。

 

お金修行に関する記事

お金修行の一助になる記事はこちら

 

 

女修行に関する記事

女性にモテる、魅力的な男になる様々な方法はこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です