大学生活を充実させたいのなら【興味のあることにすぐ手を出そう】

 

 

大学生活を成功、充実させるために大切な六つのお話

 

  1. 夢を持て
  2. 自分で決めろ
  3. 色々なことに手を出せ
  4. 出会いを求め、大切に
  5. 何かに没頭しろ
  6. 大学生活は人生の夏休みなんかじゃない

 

 

三つ目
【いろいろなことに手を出せ】

色々なことに興味を持って、とりあえず、やってみましょうってことですね

 

 

例えばどんなことに手を出すの?

 

 

ぼくが偶然、興味を持って手を出したのは

 

  • アフィリエイト
  • クラウドソーシング
  • バイナリーオプション
  • ブログ

 

とかですかね笑

いろいろ痛い目もみましたが、いい経験になってと思ってます

 

自分が少しでも興味をもっていて、まだやったことがないもの。それならなんでもいいです

 

 

色々手を出すことのメリット

 

 

人間、可能性は無限大っていいますよね

小学校、中学校、高校で出会ったきたもので自分の得手不得手や好き嫌いを決めるのは

まだまだはやいです

 

この世の中にはまだまだあなたの知らないものや新しいものがあります

いままでこれといって、得意なもの、好きなものがなかった人は、やっと出会えるかもしれません

 

とにかくやってみることが大切

触れててみて、それが自分の人生を好転させるかさせないかは誰にもわかりません
だけど、やってみなきゃ好転のしようがないんです

簡単に言えば、いろいろなものに手を出せば自分の人生の可能性が色々な方向に伸びていく

これが唯一最大のメリットです

 

百聞は一見に如かず

じぶんを輝かせるものがあるかもしれないのに、それを求めないのはもったいない
ちょっとでもいいな、おもしろそうだなって思ったものにはお金と時間を惜しまず、接触してみましょう

 

 

切り替えが大切

 

 

色々なことに手を出して、うまくいかなかったり、失敗したりしても、くよくよしないことが大事

何度失敗してもひきずらないこと

苦手なこと、嫌いなことがわかったということでそれも前進です

 

 

講義も大切ということ

 

 

色々なことに手を出せと言ったので
遊びとか投資とかなんかいろいろ考えたと思いますが

色々なものに簡単に触れることができるところがあります

それは

大学の講義

 

 

 

特に1,2年生の時はそこまで専門性の高い学問はやらないはず

その学部の分野を様々な切り口で学ぶ入門編がおおいとおもいます
それら全部をとりあえず、興味持つようにしましょう

 

はじめからしっかり話を聞いて、理解するように努めれば、自分の意外な興味分野がみつかるかもしれません

自分の興味のない分野をしることも自分を知るうえで大切です

大学の講義は他学部の講義を受けることができるとこもあります
そのお得な制度を使って、ぜひいろいろな学問に手を出してみてください

 

 

 

 

様々なことに対応できる人間へ

 

 

これからのご時世、文理融合、テクノロジーと人間の融合です

つまり理系の人も、科学だけでなく哲学、歴史、文学、心理学を学び
文系の人は化学、プログラミングなどもしっておくべき時代です

 

一つの分野に秀でる研究者はそこまで求められていません
AIの登場で、知識の厚さで人間は勝てなくなります

 

それでは、様々な分野を融合できている人材になるしかないです
いま、それになれれば代替不可能な人材として認められます

そうすれば就活なんてちょろいもんだとおもいますよ

代替不可能な人材ってのは 教養が深い人
一つの物事は複数な面からとらえられる人

そんな人間になりましょう

 

 

まとめ

 

 

遊び、学問、投資、その他もろもろ、色々なことに手を出せ

これが三つ目のメッセージです

時間だけはたくさんある大学生
いろいろなものを見て、触れていきましょう

 

たとえばなにをやればいいの?ってひとはひとまず↓のことに手を出しましょう!

やるべきこと20選とか多すぎ!!【保存版】これが大学生のうちにマジでやるべきこと8選だ!!

2018年6月28日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です