まとめ役に不安のある人必見!リーダーシップは背中で引っ張って身につけろ

リーダーシップがない?それなら背中で引っ張れよ

 

高校は部長、大学ではサークルの代表を務めましたひでです

 

今回は、実力があったり、頭が良かったり、人にずばずばいえるタイプじゃない僕は
どうやってまとめ役をやってきたか

誰にでもできるリーダーシップ発揮方法を教えます

 

急遽リーダーに選ばれたひとはきっとリーダーシップの発揮の仕方とか調べているんでしょう

ぼくが紹介する方法は大前提なのでできてるか要確認です

 

そのやり方は

 

背中で引っ張るです

 

背中でひっぱるのって実際どうやるの?ってひと
ぜひ読んでください

 

 

背中でひっぱる=周りができないことをやり続ける

 

背中でひっぱるってのはすごい実力を見せつけて、みんなを引っ張るっていう
イメージのほうがあるのかもしれませんが

ぼくは
コツコツ続けていく姿を見せることだとおもいます

 

リーダー以外にもいい働きをする人はたくさんいますし
そういう人からリーダーとして認められることが必要です

そしてそういう人でも完璧ではないのが人間

人間は同じことをずっと続けるのが苦手な生き物です

たとえば、

  • 毎朝早く出社しひとつ仕事を片付ける
  • 朝練に誰よりも早くきてる
  • 片付けを誰よりも丁寧にやる
  • 遅刻しないルールをずっと守る

以上のことをずっと続ける
愚直なまでに続ける

これだけです

 

 

背中で引っ張る=どんな時もみんなの前に出る

 

背中でひっぱるってことはみんなの前に出るということです

みんなが前に出にくい時、すぐに出る
これが大切です

これには 自分がリーダーであると言わなくても周りに伝わるという効果があります

おれがリーダーだぞって言ってる人より、行動が示している人のほうがいいですよね

たとえば

  • 謝罪をするときは一番に前に出て謝る
  • 団体行動の時は先導する
  • 乾杯の音頭は言われなくてもやる

 

地味なことですが、これを続けると周りの反応もそうですが
自分自身にリーダーであるっていう自覚がでてくるのでおすすめです

 

リーダーは模範であろうとしなくてはいけない

 

 

なんだかんだやっぱり 模範的な姿を見せる

これが第一です。みんなわかりきってることですよね

ただ、模範でなくてはいけないではなく

模範であろうとしなくてはいけない

です

模範になろうとする姿が大切なんです
それで仮に失敗しても素直に謝りましょう

 

まとめ

 

リーダーシップ云々は背中で引っ張る意識があっての上である

いくら指示の内容、タイミング、身なり、コミュニケーションをよくしたって
背中がダサかったらだめです

まずは愚直に素直になりましょう

 

リーダーシップなんてもんはほんとは背中からしかでないんじゃないかな?

 

リーダーは一夜にしてならず

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です