部長、代表!に選ばれてしまった人へ!元部長が教える、部員、グループをうまくまとめる方法

 

学生さんの中に必ずリーダー役に指名される人っていますよね。ぼくも務めていましたが、会社の地位・立場とちがって
実際権力なんてものもないですし、ましてや歳は同じか、一個二個差ほどの人たちをまとめるのってなかなか難しい。

会社の部長、課長などはちょっと部下の不満を生んでも、そう簡単に降格することもないでしょうし、ながい実績を積んだ上でのその地位なので、やすやすと反発されることもないでしょう

ですが、部活やサークルなどは学生同士で決めたり、先生のフィーリングで決められたりします。だから少なからず、反対、不満をもっているひとはいます。

そのなかでもこれから頑張って団体の長として全体をまとめ、導いていかなければなりません

そんなあなたのためにリーダーシップをとるために必ず必要なこととまとめていく際のコツ、NG行動をぼくなりに教えていきます

参考にしてください

※ぼくは中学校は副部長、高校は部長(合計20人くらいの運動部)、大学はサークルの代表(1~4年で100人くらい)をやっていたので
小さい団体のまとめ方、大きい団体のまとめ方をそこそこわかっているつもりです

 

リーダーシップを取るうえでの基本中の基本

 

嘘はつかない

 

これから部長・代表としてみんなを引っ張っていくわけですが、必要なものがなにかわかりますか?

 

それは信頼です

 

自分の指示を聞いてもらう、ついてきてもらうためには信頼が必要ってわかりますよね。部長としてやっていくために、まず信頼が必要だなっておもったはずです

そして、部長・代表に選ばれたあなたは現時点では及第点レベル以上では信頼されているはずです。この信頼をなくてはいけません

 

そのために 嘘は絶対についてはいけません。ミスや間違いは人間、必ず犯します。仕方がないですが、うそは完全に防げます。後述しますが、これからたくさんの決断、宣言、発表するときがあります。そこでした宣言などにそぐわないことをした場合、うそつきってことになってしまいます

 

  • なので、できもしないこと、やる気もないことを言わない
  • 自分を過大評価して、見栄を張らないこと

これが基本の基本です

 

トップとしての自負を持つ

 

あなたは部長・代表です。シンプルにグループの頂点にいます。頂点といっても権力図のトップではなく、指示系統のトップですけどね

そんなトップとして据えられたあなたが別の誰かに媚を売ったらどうなるかわかりますか?

まずまちがいなく媚を売った相手も、周りの人も離れていきます。学生間の媚ほど醜いものはありません。媚を売らなければ、しのぎきれない、やっていけない場面なんてやってきませんし
そこを自分の力でなんとかしてこそ、あなたの評価はあがるんです

指示系統としてトップのあなたが誰かに媚をうっていたら、だれもあなたの指示なんか聞いてくれなくなりますし、媚を売っていた相手がでしゃばるかもしれません

そうなったら部・サークルは崩壊です。部長・代表という存在は、集団をまとめる一つの枠の役割です。部長としての重荷を軽く見ないようにしましょう

 

公私混同しない

 

僕的にはこれにリーダーとしての格があがるかさがるかが懸かっているとおもいます。でも学生にはすごく難しい部分ですね。

たとえば、昨日彼女に振られたから、嫌になって練習に参加しないとか、これはプライベートな自分を部長として務めなければいけないところに混ぜ込んじゃってますよね

この例は学生ならしかたないってなっちゃうところもありますが笑逆に、ここでしっかり練習に参加し、役目を果たしたら、裏事情を知っている部員からは、ちょっとくらい「こいつ、えらいな」と思われます。不幸中の幸いな感じですね。

あなたのプライベートは部員には一切関係ありません。ですがあなたの存在は部員にとって重要です

 

なので、あなたは自分になにがあろうとリーダーとしての自分を失くしてはいけないんです。めっちゃ理想ですけどねこれは!公私混同しそうになった時に思い出してもらって、無理のないようできるだけリーダーとして務めるようにしてみてください

 

 

やっておくとより組織がまとまる、よりよいリーダーになれること

 

 

方針・ゴール・目標をかかげる

 

これからあなたはみんなを引っ張っていくわけですが

さて、それはどこへでしょうか。どこを目指しているのかは示しておくと、みんなよりついてきてくれます

たとえば、ツアーガイドさんがどこにいくか言わずに、ついてきてくださーいって言ってきても
ついてはいくけど、少し不安ですよね。自分はどこへいくのか。頼ってはいるけど、自分の現状は自分で把握しておきたいなー

って思いますよね?

なので、自分がまとめる立場になったら、すぐに全体でミーティングを開くなどして、自分はどうしていきたいのかなどをみんなに伝えておくことが非常に大切です

また、チームの方針、ゴールを明確にしておくことで全員でそこに向かって頑張っていくことができます。つまり、あなただけの指示、統率力だけでなく、みんなの力、知恵、協力を得ることができます。なにを目指して、部長はこういっているのか、なにが目的でこの練習をしているのかなどなど、自分が考えていることはしっかりみんなに共有しましょう

 

 

自分で抱え込まない

 

 

はじめにいったとおり、会社の部長などではなく、周りは友達、一個下の後輩などの近い関係です。つまり、あなたの悩みを周りの仲間が解決できる可能性が高いです。

リーダーになると全体をまとめる以外にも多くの問題にぶつかりますし、たくさん悩むと思います。ですが、あなたは王様ではなく、ただの指示系統のトップにいるだけです
つまり、あなたがただ問題にぶつかるのが一番はやいだけで、その問題は全体の問題でもあるんです。なのでひとりで抱え込むのは、むしろ図々しい。あなたが一人で抱え込んでいいことではなく、みんなで解決することです

そして、みんなに信頼される方法の一つにみんなを頼るという技があります

部長、代表である人に頼られた人間は「大変な時におれを頼ってくれた。うれしいな。がんばろう」ってなります

みんなを頼ることで、みんなを信用しているんだぞというアピールになります

 

部活動・部長編

 

臆せず注意する

 

部活には大体練習の雰囲気を乱す人がいますよね
そういう人がいるところは、大体顧問の威圧がよわい、顧問が練習をみていない場合が多いです

つまり、あなたが注意するしかないんです

自分が掲げたゴールのためにやっている練習を乱す人がいる
これを注意できないと
周りの人に、あいつは自分で掲げたゴールを達成するつもりがないんだって思ってしまいます

はじめは注意しづらいと思いますが、いつまでたっても部長らしく部を統率できていないと
どんどんバラバラになってしまいます

臆せず注意しましょう

ただ人を注意するにはコツが必要です
注意した後にそいつが腐るか、反省して心改めるかは注意のやり方次第です

詳しく書くと長いので簡単なポイントを書いておきます

人前で注意しない

人は恥ずかしいことを嫌います
なので部員みんなの前で注意され、恥かくことによって心にダメージを負います
注意されることをしているから仕方ないだろと思うかもしれませんが

ひとつ上のリーダーになるためには
そういった人にもチャンスを与えるつもりで、気を遣いましょう

ですが、練習が終わった後など時間がたってしまうと
相手に伝わりづらいので、デキる限り個人的に注意しましょう

そして、注意したことで周りの信頼を得るためには
最初の注意はみんなの前で、かるーく注意がベストです

 

努力を惜しまない

 

これは当然ですが、頑張っていないやつに誰もついていきません

自分が掲げたゴールに自分が一番のつもりで努力しましょう
あなたの姿を見て、みんながあなたを部長と認め、後輩はあなたのようになりたいと思います

 

大学のサークル・代表編

 

サークルをよりよくしていく

 

サークルはぜんぶ学生で運営されてきたものです

なのでまだまだ様々なところで、改善の余地があるとおもいます

 

だから、いまのサークルがより盛り上がる、よりいい雰囲気になると思った改善点があったら

従来の慣習をぶっこわすことを臆さず、変えていきましょう

 

きっとあなたの改革してく姿をみて、周りの人も協力してくれますし、評価してくれます

 

気配りをめちゃくちゃ意識する

 

サークルだとたいてい、ほかにイベント係、新歓係、合宿係などをほかの学生が務めていると思います

 

それらは独立して動いていますが、代表はすべてのサポートを意識しましょう

雑用を手伝う、進捗を確認するなど

それらを行うと、みんながあなたを全体を見れる代表として評価してくれます

 

 

まとめ

 

部長や代表は最も簡単に評価を上げ下げできるリーダー

学生時代のリーダーは実績がはやく目に見えるようになります。なので、みんなに尊敬されるリーダーか、期待されないリーダーになるかはすべてあなた次第です

 

全力尽くしてください

なにか困ったこと、こういうときどうすればいいかわからないひとなど

なにかあればなんでも聞いてください

 

2 件のコメント

  • とある大学の非公式サークルの代表をやっているものです。まだ発足1年未満という新しいサークルなのですが、人が約25人ほどいます。サークルは人狼ゲームをするサークルです。週に1.2回集まって活動していたのですが、いかんせんまったく人が集まりません。1度打ち上げを企画したものの、10人ほどしか来てもらえず(それでも来てくれた人はみんな楽しかったと言ってくれましたが)、今季も人が全く集まりません。集まっても5~6人で困っています。できれば12人はほしいのです。代表として、なんとかしたいし、何とかしてあげたいです。どうすればいいでしょうか。

    • 名無しさんコメントありがとうございます!非公式で一年未満のサークルでもう25人が最初に集まってるのがなかなかすごい気もします笑。
      そうですね、まず考えるべきなのはその25人の人たちが、そのサークルのどこに魅力や意義を感じているかですね。人狼を定期的にやる場や仲間が欲しい!だったり、人狼じゃなくてもただ遊ぶ友達が欲しい!とかなんとなくっていう人もいると思います。
      週1,2回の人狼ゲームの活動に人が集まらないのは、上記の人狼を定期的にやりたい!っていう人たちがそもそも少なかったからか、人狼ゲーム自体がマンネリ化してきたとかが考えられるかと思います。まずは、名無しさんが彼らが来ない原因をしっかり考え(来なくなった人に聞くのがいいですね)なにか施策を講じるのがいいと思います。あとは、まだ若い若いサークルですし、それは所属している人もわかっていると思います。なので、代表の名無しさんだけでなく、他の人みんなでサークルを活性化させていくことを呼びかけるといいと思います。小さな組織を大きくしていくのはやりがいがありますしね。
      それと、打ち上げに来なかったのは単に予定が合わなかっただけかもしれませんし、もう一回くらいやってみてもいいと思いますよ!
      なにより大事なのは、他のメンバーがどう感じているかです。僕は部長をやっていたし、サークルは運動系なので運動したい人が集まっているのは大前提でした。人狼ゲームサークルは、その前提がどれだけ固まっているかがわからないので難しいですが、まだまだこっからだと思います!
      がんばってください!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です