大学生よ。おれの話を聞いてくれNo.2 【自分で決めろ】

大学生 よ 俺の話を聞いてくれNo.2 自分で決めろ

大学生へのメッセージ第二弾

 

 

  1. 夢を持て
  2. 自分で決めろ
  3. 色々なことに手を出せ
  4. 出会いを求め、大切に
  5. 何かに没頭しろ
  6. 大学生活は人生の夏休みなんかじゃない

 

二つ目

【自分で決めろ】

 

 

何を自分で決めるの?

 

 

これはざっくりいえば

なにもかも自分で決めろ

ってことです

 

大学生 、自分で選択、決断しなければいけない時が多々あります

たとえば
サークル・部活選び
履修登録
バイト決め
ゼミ・研究室選び
就職先
などなど

うえのはほんの一部です。おのおの、いろいろなところで選択を迫られるとおもいます

そういう時は自分で決めましょう

選択の材料として周りの意見を聞くことは全然悪いことではありませんが

最後の決断は自分で思考し、自分で下しましょう

 

 

なぜ自分で決めなきゃいけないの?

 

 

そんなことわからない人はいないと思いますが

今一度 しっかり自分で決断をすることの意味を確認しましょう

自分で選択した道に進むことで 後悔できない、自分の人生を自分でつくっていける

といった感じですが

ぼくが大学生に大事にしてほしい感覚は

自分で考え、自分で責任もって決断する癖、力をつける」です

 

 

この癖、力は昔からある人もいます
そういう教育をされてきたのでしょう

ですが、意外とその力がない人がおおいです

この癖、力をつける最後の練習場所、チャンスが大学生活です
この次は社会人

考える癖がない人は淘汰されていく世界だとおもいます

 

そして大学生活は今後の自分のキャリア、進路を決めていく上で重要な岐路である場合があります

そんなときに自分で考えることができずに、周りに流されて形成した人生でいいんですか?

自分で考える癖、身につけましょう

 

 

どうすれば自分で決められるようになるの?

 

 

簡単です

「なんでもいい」
「〇〇にまかせる。〇〇次第」
「とりあえず、これでいいや」

を私生活からなくすんです

 

なにもかも自分で考えて、決断しきってください

ファーストステップとしては、ご飯のメニューとか、行く場所とか、遊びの内容とかですね

これらをいつも他人に決めさせていた人は、自分で決めましょう

それが普通になったら、他のことも自分で決められるようになってます

 

 

 

「自分」が確立されていく

 

 

自分で決める=自分の意志・要望が自分でわかる

ということですよね。それって自分のことは自分がちゃんとわかっている

当然なことに聞こえますが、意外とわからないって嘆くのが日本人です

 

高校、大学の進路決め迷いませんでした?

やりたいことも特にないのに、行きたい高校・大学なんて決められない!

面接で回答にこまったことありませんか?

自分の長所短所、やりたいことなんてわからない!!

 

意外とこういう人が多いです
ぼくもそうです笑

それはきっと自分で決められるところを相手に任せていたから、自分の意思を自分で聞くようにしなかったからだとおもいます

好きなものは?嫌いなものは?行きたいところは?今日の気分は?

これらの簡単な問いの答えを自分のなかで明確にもっておくことで、じぶんのプロフィールがしっかりと自分のなかにできます

それがあるかないかって様々なところで差が出ます

 

まとめ

 

 

自分で決めることの重要さわかってくれましたか?

このブログを読もうと決めたのもあなたです
なにもかも決めていくのはじぶんです

じぶんで決断していきましょう

そうすればいつの間にかデキる 大学生 になってますよ

 

 

んーなんか第二弾はうすいな、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です