砂糖断ち中にはちみつは食べていいのか!?はちみつは体に悪影響をもたらすのか

今回は砂糖断ちの最中にはちみつを食べるのはどうなのかという話。

 

砂糖断ちはめちゃくちゃきついので、甘いもの食べた過ぎてはちみつに手を出したくなる気持ちもわかります。

甘くておいしいはちみつですが、あんだけ甘かったら砂糖同様控えるべきなのか迷う方も多いはず。

結論は

食べても大丈夫です。

むしろ積極的に食べてもいいんじゃないかとおもうくらい。

 

はちみつと白砂糖の違い

同じく甘いはちみつと白砂糖で、食べちゃいけないと食べていいがわかれるのもおかしい話。

一体どこに違いがあるのでしょう。

  • 甘さの糖質の種類
  • 栄養

の二点で、大きく変わります。

糖質の種類

白砂糖については散々ブログで取り上げていますが、おさらいも含めて。

 

白砂糖の主成分は「ショ糖」。

体の中に入って分解される時に、体の中のビタミンやカルシウムなどのミネラルをつかいます。甘さを得るためにはビタミンやカルシウムを失わなければいけないわけです。

 

 

はちみつの主成分はブドウ糖と果糖。

白砂糖と違い、分解されずともエネルギーとして使われます。体内に吸収される時に余計にほかのものを消費しないという点ではちみつはとても優れていることがわかります。

 

栄養

白砂糖の栄養のなさ、甘さだけの存在であることは他の記事で何度もいってますが、おさらい。

白砂糖は精製されて白い状態になります。その精製される過程で、元々持っていた栄養素はほとんど削られます。

なので、白砂糖はただ甘いだけ、血糖値をだーん!と上げるためだけのものになってしまってるのです。

 

反対にはちみつにはなんと、栄養が豊富!!

 

はちみつはミツバチちゃんが作ります。作るときに花の蜜だけではなく、花粉も一緒に使います。

なので、はちみつには花粉の栄養が入っているわけです。どんな栄養価というと、酵素やビタミン、アミノ酸、抗酸化物質など。

 

 

ただの甘さを得られる砂糖と甘さと同時に栄養も取れるはちみつ

はちみつの圧勝。

 

はちみつを食べても異変はないのか?

 

でも、実際にはちみつを食べたときに砂糖断ちとしての異変はないのかが気になりますよね。

砂糖断ちを続けている時に、解禁して甘いものを食べると身体的、精神的変化は顕著ですから、はちみつがもし砂糖断ちの目的に沿わないものだったら
体になにかしらの変化がでるはずです。

↑のように、体がめちゃくちゃ大変なことになります。

 

いきなり結論ですが

砂糖断ち中にはちみつを食べても、問題はありませんでした。

 

 

僕は牛乳オートミールにはちみつをかけて、食べるときがありますが、砂糖断ち失敗した時のような体の変化は一切ありません。
むしろ順調です。

砂糖断ちは白砂糖を控えることが大切ですから、甘いというだけではちみつを危険視するのはよくないですね。

砂糖と違って、栄養もありますし、甘いもの食べた過ぎて死にそうな人のストレス緩和にもなりますから
積極的に食べていくといいと思います

 

結論:砂糖断ち中にはちみつはアリ

 

結論、砂糖断ちの最中にはちみつを食べても悪影響は全くありません。

むしろ、甘いもの食べた過ぎて、砂糖断ちが苦手な人は積極的に活用していきましょう。

ただし、糖質量は高いので食べ過ぎは注意!!ほどほどにしましょう。

 

砂糖断ちはストレスとの闘いですから、苦しみすぎず程よく甘いものを食べて、ストレスを緩和する必要があります。

砂糖断ちの最中でも食べていいものをまとめました↓。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です