ダンブルドアが認めたライバル!?ファンタスティックビーストにでてくる闇の魔法使い、ゲラートグリンデルバルドを解説

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生が今月下旬に公開です

そこで、ハリーポッターシリーズ大好き、ファンタスティックビーストシリーズもまぁまぁ好きなぼくが

ゲラートグリンデルバルドとは一体どのくらい強いのか、どんな奴なのかを解説していきます

ちなみにゲラートグリンデルバルドってのは黒い魔法使いのことですよ!!

 

ゲラートグリンデルバルドとは

 

ヴォルデモートが世に現れるまで、最も危険な闇の魔法使いの座に君臨していた男

ダームストラング専門学校に在学していましたハリーポッターと炎のゴブレットにでてきた、男子校みたいなところですね笑

グリンデルバルドはそこで優秀な成績を修め、秀才といわれていましたが倫理的に少し問題があり、あるとき同級生を攻撃し、退学させられます

その時から「死の秘宝」に注目していて、退学後は死の秘宝を探すためにイギリスへ渡ります

そこであのアルバス・ダンブルドアに出会い(彼との関係についてはのちほど詳しく)その後紆余曲折を経て、世界を脅かす闇の魔法使いとして世に君臨していきます

 

容姿

 

見た目に関しては、ハリーポッターシリーズでもイケメンと書かれていてる数少ないキャラクターです


じつはハリーポッターシリーズは容姿端麗と称されているキャラはそこまで多くありません。あのハーマイオニーもエマワトソンっていうめっちゃ可愛い女優さんが演じてますけど、容姿端麗な設定じゃないですからね

死の秘宝Part1で一瞬映った写真をみても、イケメンっぷりがうかがえます

そしてファンタスティックビーストで重要なキャラクターとして登場したかれを演じるのは

あのジョニーデップです

若い時は金髪の巻き毛のはずなんですが、面影はいったいどこへ、、、、

 

ダンブルドアとの関係

 

(これはダンブルドアとヴォルデモートの一騎打ちの画像ですが、これを超える決闘なのでしょうか)

ダンブルドアとは死の秘宝を探すために、イギリスにわたった際にお世話になっていたバチルダバグショットと家が近かったので、出会います

そこでお互いに天才、秀才と称されていることから意気投合

まだ若く愚かだったダンブルドアも力を求めていて、ふたりで「死の秘宝」の探索に夢中になります

  • 死を制する者となり、魔法革命を起こすこと
  • 国際魔法使い機密保持法
  • マグルを支配する世界を作ること

 

を夢見ます

国際魔法使い機密保持法っていうのは、ファンタスティックビースト一作目の最後に

なぜネズミのようにこそこそ隠れなければいけないのか、なぜ上の世界のものにおびえなければいけないのか、私はもううんざりだ

いっていた言葉はこの国際魔法使い機密保持法に対してだと思います

要は、魔法使いの存在はマグルにばれないように隠れて生きていきましょうってことです

(字幕はマグルを下に見てはいけないとグリンデルバルドが説いているわけではありませんよ笑)

それにグリンデルバルは異を唱え、力もあり賢い魔法使いがマグルを支配するべきだと主張します

そこで、自分の才能を発揮する機会に恵まれていないと感じていた天才・ダンブルドアはグリンデルバルドのその考えに賛同し、死の秘宝探しに夢中になります

しかし、そのことによって、ダンブルドアは病気がちの妹アリアナの世話をないがしろにしてしまい
それにキレた弟・アバ―フォースとダンブルドアとグリンデルバルドの三つ巴の決闘が行われ、、、

ダンブルドアの妹・アリアナがそこで亡くなってしまいます

それ以来、ダンブルドアと会うことありませんでした

 

闇の魔法使いとして世界を恐怖に陥れる

 

ダンブルドアと決別しても、彼の理念は変わりません

死の秘宝探しを再開し、最強の杖である「ニワトコの杖」のありかを突き止めます

持っていたのは杖職人のグレゴロビッチで、彼に仕事場に潜入し、失神させ杖を奪います

グレゴロビッチを負かしたわけですから、杖の所有権は彼に移りました(ニワトコの杖はその強さ故、前の所有者を殺さないと杖の所有者にはなれないといわれていましたけどね)

その後、彼の考えに賛同する支持者を集め、軍隊を作り始め、そのうちに、彼の軍隊の過激派がヨーロッパで大虐殺を行ったことから、グリンデルバルドの存在が世に大きく知らされます(ファンタスティックビースト一作目の世界ではすでにグリンデルバルドはとても危険視されている存在でしたね)

その後のお話はファンタスティックビーストの一作目につながっていきます

一作目のネタバレになりますが、アメリカの魔法省に忍び込みます

その後、力を求めクリーデンスが秘めるオブスキュラスを手に入れようとしますが、魔法省によって消滅させられ
ブちぎれたグリンデルバルドは五人以上の闇祓い(たぶん結構精鋭)全員と同時に渡り合い、ひとりずつねじ伏せていく

その圧倒的な実力を見せつけるが、ニュートに一瞬のスキを突かれ、捕縛されます

 

グリンデルバルドのスキを突くMVP級の活躍をした主人公ニュートスキャマンダーに関してはこちら↓

映画「ファンタスティックビースト」見る前に!!主人公・ニュートスキャマンダーの人物、実力・実績を解説!!

2018年11月19日

そして今回の第二作はその続きです!!

 

グリンデルバルドのすごさ・強さ

魔法使いとしての強さ

ダームストラング校に在学中は、秀才と称されていました。ダンブルドアほどではありませんが

退学後、軍隊をつくれるほどの圧倒的な実力を持ち、当時は最強最悪の闇の魔法使いと呼ばれ、あのダンブルドアが実力を認めるほどの魔法使いでした

ダンブルドア、ヴォルデモートに次いで力のある魔法使いではないでしょうか

映画で実力がわかるのは、ファンタスティックビースト一作目の最後に

闇祓い複数人を相手に優勢に立っていたところくらいですかね

今後に大注目!!

 

ヴォルデモートを恐れない

 

最終的にダンブルドアに決闘で負け、自身が敵対者を閉じ込めるために建設していたヌルメンガード(たぶん今後でてくるはず。死の秘宝Part1にて一瞬出てきました)に閉じ込められてしまいます

その後50年ほど月日がたち、世はヴォルデモートが世界を脅かしています

そこでやっと「死の秘宝」の存在に気が付いた(たぶんニワトコの杖だけ)ヴォルデモートがグレゴロビッチからグリンデルバルドの場所にたどり着きます

そこでニワトコの杖の場所を聞き出しますが、あの最強最悪の闇の魔法使いであるヴォルデモートを前に

「殺すがよい、ヴォルデモート。私は死を歓迎する!しかし私の死が、お前の求めるものをもたらすわけではない・・・・・・お前の理解していないことが、何と多いことか・・・・・・

といってのけます

正直めっちゃかっこいい!!!

映画では、ダンブルドアの墓に眠っていることを教えヴォルデモートはダッシュしますが

原作では、ダンブルドアをかばったのかなにも教えずにヴォルデモートに殺されてしまいます

あのヴォルデモートに対して、恐れることなく笑ってバカにするあたりはさすが元・最強の闇の魔法使いなだけはあります

 

所持品などその他の情報

 

 

  • もともと所持していた杖
  • パ―シバルグレイブスの杖
  • ニワトコの杖

の三つが所持していたことのある杖

史上最強の杖!【ニワトコの杖】とはいったい何なのか

2018年4月27日

 

ヌルメンガード

軍隊をつくり、世界を支配しようとしていたときに敵対者を換金するために作った要塞

しかし、ダンブルドアに敗北後、自分が投獄されてしまう

 

まとめ

 

ゲラートグリンデルバルドとはヴォルデモートに次ぐ最強の闇の魔法使いであり、ダンブルドアの元親友

ファンタスティックビーストシリーズでは今後の最強の敵として存在していくと思うので要チェックです!!

 

そして、彼を打ち負かした史上最強の魔法使いダンブルドア先生と主人公ニュートスキャマンダーの強さに関する記事もどうぞ

映画「ファンタスティックビースト」見る前に!!主人公・ニュートスキャマンダーの人物、実力・実績を解説!!

2018年11月19日

史上最強&最高の魔法使いダンブルドア先生の強さとは?

2018年11月18日

彼が死を制する者になるために追い求めていたニワトコの杖と死の秘宝に関してはこちら

ファンタスティックビースト公開間近!物語のカギ、死の秘宝の三つを解説!

2018年10月21日

史上最強の杖!【ニワトコの杖】とはいったい何なのか

2018年4月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です