楽しく健康に生きよう

史上最強&最高の魔法使いダンブルドア先生の強さとは?

2020/10/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2018年11月23日!ついにファンタスティックビースト・黒い魔法使いの誕生が公開!

グリンデルバルドを黒い魔法使いって例えるダサさよ、、

そしたらそれより最凶最悪のヴォルデモート卿は?黒すぎた魔法使いとか?

とまぁ邦題に関してつっこんでも仕方がない映画の内容につっこんでいきましょう

今回は前回、名言集をつくったあのぼくが尊敬してやまない

[kanren postid=”399″]

ダンブルドア校長先生の強さについて迫っていきたいと思います

 

ネタバレを含むところもありますので、ハリーポッターの原作も読んでいないっていう人は注意しながら読んでください

 

ダンブルドアのプロフィール

 

本名:アルバス・パ―シバル・ウルフリック・ブライアン・ダンブルドア

性別;男

独身

家族構成

  • 父、パ―シバルダンブルドア
  • 母、ケンドラダンブルドアん
  • 弟、アバーフォースダンブルドア
  • 妹、アリアナダンブルドア

 

1881年に生まれ、1997年に死亡

 

ダンブルドアの凄さ・強さ

 

20世紀で最も偉大な魔法使い

 

ホグワーツ魔法魔術学校校長であり、20世紀で最も偉大な魔法使いと称されてます

ホグワーツに入学して一年で、ホグワーツ始まって以来の秀才といわれ、在学中も様々な賞に輝き

ホグワーツの歴史上最も優秀な学生と評価を受けるなど、THE天才です

 

獲得した賞

 

ダンブルドアは生涯でたくさんの賞を獲得しています

ホグワーツ在学中には、監督生(特別な権限を持った優秀な生徒)と首席に選ばれ、学校の賞を総なめです

ダンブルドアの論文は「変身現代」「呪文の挑戦」などに掲載されたり(原作にのみ登場)

 

  • ウィゼンガモット最高裁への英国青年代表に選ばれる
  • 秀でた呪文術へのバーナバス・フィンクリー賞
  • カイロ国際錬金術会議での革新的な論文による金賞を受賞

 

などもう半端ないんです。(それぞれがどんな賞なのかはたしか、原作にも深くは書いてなかったと思います)

その中でも

マーリン勲章勲一等を授与されますが、これは魔法使いにとっても最も名誉なものです

  • 大魔法使い
  • 魔法戦士隊長
  • 最上級独立魔法使い
  • 国際魔法使い連盟議長
  • ウィゼンガモット最高裁主席魔法戦士

という肩書まで得てます

(後半2つは不死鳥の騎士団で一時剥奪されてますが)

 

マーリン勲章について簡単に説明

マーリン勲章とは大きな功績を残した魔法使いに授与される勲章であり、勲一等から勲三等まで
それぞれの評価基準は

  • 勲一等:魔法界における“傑出した勇気や優れた功績”に贈られる
  • 勲二等:“並外れた業績や努力”に贈られる
  • 勲三等:“魔法界の知識や娯楽に貢献”した人物に贈られる

ダンブルドアは世界を支配しようとしていたゲラートグリンデルバルドを打ち破り、戦争に終止符を打ったことからマーリン勲章勲一等を受賞しています

 

ちなみにマーリン勲章勲二等は主人公であるニュートスキャマンダーも授与されています

詳しくはこちら↓

[kanren postid=”1654″]

 

また、ファンタスティックビースト黒い魔法使いの誕生の予告編の最後にでてきた

ニコラス・フラメルという錬金術師とともに、第一作目に登場する賢者の石をうみだしました

そのほかには、ドラゴンの血の12の使用法発見などの功績があります

 

魔法使いとしての実力・強さ

(最凶の魔法使いヴォルデモートとの一対一)

天才の名を欲しいがままにしてきたダンブルドアですから、もちろん魔法の決闘の能力も高いです

ヴォルデモートがハリーポッターにすぐに手が出せなかったのは、常にダンブルドアがそばにいたからです
あの自信満々なヴォルデモートが唯一恐れた魔法使い、それがダンブルドアです

 

 

ここから一応ファンタスティックビーストの簡単なネタバレになるので注意

 

 

 

ファンタスティックビースト黒い魔法使いの誕生の準主役級のゲラートグリンデルバルドは

ヴォルデモートがいなければ歴史上で最強最悪の魔法使いでしたが、そんな彼は死の秘宝を手にしより大きな善のためとかいって軍団をつくって、世界を侵略していくんですが

なぜかイギリスにだけは簡単に手を出せませんでした

 

それはなぜか

 

 

ダンブルドアがいるから

 

そして、手に負えなくなったグリンデルバルドと決闘をし、勝利をします

たぶんこの伝説の決闘は映画にて映像化されるのではないかと楽しみにしております

グリンデルバルドの強さなどの解説記事はこちら↓

[kanren postid=”1643″]

 

それで特筆すべき点は、その時ゲラートグリンデルバルドは死の秘宝の一つ、ニワトコの杖を所持していたんですよね


最強の杖をもった相手にも勝ってしまう男。どんだけ強いの、、、

[kanren postid=”399″]

ヴォルデモートの手下である「死喰い人」たちはムーディー先生をねじ伏せたり、ルーピン先生殺したり、数々の強い闇祓い(闇の魔法使いと闘う正義の強い魔法使いさんたち)と渡り合える

闇の魔法使い側の強者たちなんですけど、そいつらはダンブルドア一人に一網打尽にされたりします

また映画でも存在感のあったベラトリックス・レストレンジ(今度のファンタビにはリタ・レストレンジがでてきますね)は
ヴォルデモートが右腕、副官と信頼するほど強く、残酷な闇の魔法使い(ネビルのご両親は不死鳥の騎士団として戦っていたが、彼女に磔の呪文にかけられ精神崩壊してしまいしまた)ですが

ダンブルドアはベラトリックスを一方的にねじふせ、ベラトリックスに悲鳴をあげさせています

 

頭の良さ・知恵

 

ダンブルドアは魔法使いとしての力の強さもですが、頭の良さ、知恵がずば抜けている印象です

若いころは、その並外れた賢さ故に大きな過ちを犯していますが(妹を事故で死なせてしまった)

ハリーポッターシリーズのダンブルドアはそれはそれは聡明です

 

  • ヴォルデモートが分霊箱(魂を分割して不死身になるためのもの)を作っていることや
  • ハリー自身がヴォルデモートの分霊箱であること
  • ニワトコの杖の力をなくすように画策(ドラコが邪魔しましたが笑)

 

などなどダンブルドアがいなかったらまず間違いなくヴォルデモートは倒せていないでしょう

また、非常に冷徹な戦略家という一面もあります。あんなにあったかそうなおじいさんなのに

ハリーがヴォルデモートの分霊箱の一つだと気が付いてからも、それをつたえずにハリーを守り、その時まで生かし続け、ヴォルデモートを倒すためにはハリーには死んでもらわないといけないということを本人にギリギリに伝えます

この選択肢以外は選ぼうとしませんでした(それしかないんでしょうけど)

ここに関してはこちらをどうぞ↓

[kanren postid=”1766″]

今回のファンタスティックビーストに登場する若き、先生時代のダンブルドアはどのくらい聡明なのか楽しみです

 

ダンブルドアについてその他の情報

 

 

ハリーポッターシリーズの原作しか読めていませんが

第一巻の前にゲラートグリンデルバルドとの伝説の決闘に勝利しているので

杖は死の秘宝の一つである

ニワトコの杖です

しかも、真の所有権ありです

[kanren postid=”399″]

 

ペット・守護霊

どちらも

不死鳥

秘密の部屋ではロンの傷を涙で癒したり、バジリスクと闘ったり非常に有能な生き物です

 

つまりダンブルドアはどのくらい強いのか

(真ん中でこの大火を操ってるのがダンブルドア)

 

ダンブルドア先生は

最強の魔法使い

です

ファンタスティックビーストのお話、どう転んでも最強のダンブルドア先生がいるんで
グリンデルバルドは負けます。安心してください。

 

個人的に思うダンブルドアのかっこよさ・凄さ

 

ぼくが思うダンブルドア先生半端ない!!っていうところを紹介します

映画中心です

 

登場のタイミング

 

って言われれば思いつきますよね

そうです、映画「不死鳥の騎士団」での神秘部でハリーとヴォルデモートが対峙しているときです

ハリーがひとりでベラトリックスとヴォルデモートにいじめられていて、大ピンチ!!っていうときに

煙突から登場!!!

「愚かじゃったな。トム。じき、闇祓いがくる」

っていうセリフね!!最恐の魔法使いヴォルデモートにひるみなし!!

 

そして、じき闇祓いとかじゃなくてダンブルドア先生、あんたがきただけでもうヴォルデモート的にはやばいのに

その謙遜っぷりさすが!!

あとは映画ではわからないんですけど

 

一作目の賢者の石で、ハリーとクィレル先生(後頭部ヴォルデモート)と闘っていて、ハリーのピンチということに外国にいるのに気が付き(ハーマイオニーが手紙で呼んだ)

速攻で戻ってきて、ぎりぎりハリーを助けるという奇跡を起こす漢

そして映画「謎のプリンス」冒頭、あの童貞(しらんけど)ハリーポッターが店の女の子といちゃこらしそうなときに

登場。笑

そしてわしについてこい。みたいな。

さすがのタイミングですよ笑

 

名言だしすぎ

 

名言集をつくってしまうくらい、名言が多くて、ぼくは大好きです

[kanren postid=”1038″]

 

まとめ

 

ダンブルドア先生はとにかく最強の魔法使い

異論は認めない

 

ダンブルドアのライバル?であり、ファンタスティックビーストシリーズの最大の敵ゲラートグリンデルバルドとダンブルドアが協力を依頼する主人公ニュートスキャマンダーについてはこの記事をどうぞ

[kanren postid=”1643,1654″]
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© このまま死ねるか! , 2018 All Rights Reserved.