【知らないと全ての努力がゴミになる】毎日努力を積み重ねていくのに絶対必要な一つの考え【デトックス】

 
 
きょうは「デトックス」という大事な大事な考え方についてお話します。
 
 
コロナ自粛のこの期間にスマホゲームとかアニメ見たり、だらだらとゲームばっかりするのはもったいなくて、
 
日々積み重ねていけば、自粛が終わったころに大きく花咲くよっていうお話はこの間しましたね。
 
早速多くの人が読んでくれて、多くの人が日々新しいことを積み重ねていっていると信じてます。
 
 
日々の習慣、英語の勉強や筋トレ、読書、ブログとか積み重ねというのは「加える、プラス」という行為です。
 
ゼロから積み重ねていけば、いずれ100に達すると信じて、大勢の人が努力をします。
 
 
成功するには努力しかない。
 
これは全世界的、普遍的な成功法則だと僕は考えています。才能や環境やら色々言い訳できますが、結局は努力という日々の積み重ねが成功に必要なたった一つの真理です。
 
みんなもほんとはその真実に気が付いているはずです。この考えは否定しませんし、賛同しまくりです。
 
 
ですが、多くの人にある一つの考えが抜けています。
 
 
 
 
 
さっきゼロから積み重ねていけば、とかきましたがみなさん、本当にゼロなんでしょうか
 
マイナスの人もいるんじゃないでしょうか
 
 
 
まぁそもそも日本に生まれた時点である程度はプラスで中流家庭以上に生まれたら万々歳です。
 
しかし、今日話したいのは生まれ持った環境の話ではありません。体の話です。
 
 

プラスの前にマイナスを

 
 
ゼロから積み重ねて100にたどり着くことは可能です。しかし、スタートがマイナス100だったらどうでしょう。
プラス100まで200分積み重ねていく必要があります。ですが、不可能ではありません。
 
では、日々の積み重ねが10でスタートはゼロから、だけど毎日マイナス20されるとしたらどうでしょう。
この状況で100にたどり着くことは不可能ですね。どんどんマイナスになっていくだけです。
 
 
 
つまり、努力だけではなくその努力を相殺、無駄にするもの、あるいはさらにダメにしているものがあなたの生活上にはあるんじゃないでしょうか。
 
毎朝早起きして10キロ走っていても、朝昼晩にピザとポテチとコーラを食べていたら、何の意味もない。ひたすら太っていくだけです
 
このマイナスを減らす、無くすという考え方ができていない人がめちゃくちゃ多いです。
 
 

マイナスな行為とマイナスを作り出す体

 
 
 
さきほどの例のピザやポテチ摂取=ダイエットとは逆のカロリー大量摂取はダイエット、ランニングというプラスの行為をマイナスにする行為です。
 
積み重ねて100に達するには、無くさなくてはいけない行為ですね。
 
 
マイナスの行為とはほかにも例えば
 
  • 過剰な飲酒
  • 喫煙
  • 薬物
  • などなど
以上のことはほとんどの人が避けているでしょう。日々の積み重ねをマイナスにするとかいう次元ではなく、人生を一気にマイナスにしかねないですからね。
 
今回着目したいのは、「マイナスの行為」が作り出した「マイナスを生み出すからだ」です。
マイナスを生み出すというか、プラスを帳消しにするからですね。
 
 
マイナスな行為をこれから無くしていくのは当たり前ですが、
 
現代人の体はすでに「マイナスを生み出しているからだ」になっています。
このからだから解決しないといけません。
 
 
毎日コンビニ弁当、コーラ、酒、たばこをやっている人がその生活習慣を変えずに
筋トレ、肌ケア、瞑想をやったって意味がありません。
 
 
ゴミ箱には何を入れても、ゴミにしかみえません。
 
どんなにいいものを体に取り入れても、取り入れる先の体が汚れていれば入れたものも汚れるだけです。
 
 
その解決策が「デトックス」。つまり排出です。
 
 

デトックス=排出とは

 
 
おしっこや鼻水、せき、くしゃみ、なみだ、うんち
 
人間には体の中の不要物を自動で排出する機能が備わっています。素晴らしいですね。
 
人間は外からマイナスなものを加えない限り、ゼロ=ニュートラルな状態でいようとするわけです。
 
筋肉に関しては、いったんマイナスまで傷つければさらにプラスになって回復しますが。
 
この体の自浄作用を使うしか、我々の体をマイナスではなくゼロに戻す方法はありません。
薬物中毒者やアルコール依存症の人が隔離施設で、薬物や酒を長期間強制的に断たせる。あれは体の自浄作用を使った療法です。
 
我々もこれを使うしかありません。
 
 
 
マイナスを入れずに、すでに体にあるものを外に出すのがデトックスです。
 
 

デトックスのやり方

 

じゃ実際にデトックスとは何をやればいいのっていうはなしですが、
 
 
 
基本は
マイナスを体に入れない
これを徹底するに限ります。
 
 
なので、僕が思う体に入れるべきではない=マイナスな行為
を紹介します
 

砂糖の過剰摂取

 
 
 
このブログでずっと言っていますが、砂糖の過剰摂取、白砂糖の摂取はやめてください。
  • 肌の糖化(ざらざらしたり、ハリがなくなる)
  • 糖尿病
  • 味覚異常
  • 甘いものを求め続ける
などなど、体がおかしくなっていきます。
 
 
ぼくは白砂糖を食べない=砂糖断ちをずっとやっています。最初は頭痛がしたり、さらに肌が荒れたりするんですがそれは好転反応といって
体が急激な変化に驚いてしまっているだけでその後に、肌がきれいになったりなど多くのメリットが得られました。
気になった方は一度よんでみてください。
 
 
 
 
砂糖を摂らないっていうのはすぐにはできないので、まずは今日から
 
  • コンビニや自販機でジュースを買わない
  • 菓子パンを食べない
  • あまったるいお菓子を食べない
これらをやってみてください。
 

運動をしない・家から出ない

 
 
コロナ自粛の今、最もやってしまいがちな行為です。
先ほど紹介した体の自浄作用のひとつに、運動をし体の血流を良くする、汗をかくというのもあります。(科学的な根拠はしりませんが。僕の経験では間違いなく)
 
 
運動をしない一週間と、定期的に運動をする一週間だと後者の方が圧倒的に体の調子がいいです。
汗を流すことをデトックスってよくいいますが、老廃物がどうたらこうたらはいまいち信じていません。
ですが、運動はしたほうがいい。これだけはいえます。
 
 
古代の話を現代に当てはめる考え方、僕は好きなのですが。マンモス時代の人類は、日々動き回っていましたよね?
 
家に閉じこもって寝ているほうが健康になれるわけがありません。
我々人類は動くほうが、調子が良いようになっています。
 
 
なので、コロナ自粛期間ですが一日30分程度は散歩やランニングをしましょう。
 
 
 
筋トレで汗をかくのもいいですね。家での筋トレで十分です。筋トレはデトックスでもあり、プラスでもある。最高ですね。
 
 

喫煙・薬物・過剰な飲酒

 

これはいうまでもありませんよね。
三次かいくらいまで飲み続けた結果、肌は荒れ、体は二日酔いになりますが
確実に体が拒絶をしているからです。体にとってマイナスな行為であることは火を見るよりも明らか。
 

マスターベーション(自慰行為)

 
 
これが一番控えるべき、マイナス行為です。
 
 
オナ禁でイケメンになる、モテるなどなど言われているのはこのマイナスな行為である、マスターベーションをやめるからですね。
体の土台が改善されるから、これまでの生活が一変するわけです。
 
 
マスターベーションは百害あって一利なしです。
 
 
気持ちいことは認めます。ですが、ポルノを見て興奮して、自分で刺激を与えて快感を与えるって人間らしくないですよ。非理性的というか、非常に本能的。ばかです。
映画で感動したり、人を助けて幸せになったり、友人の死を悲しんだり、なにかを創造したりするのが我々人類なのに
人工的なポルノに興奮して、短期的な快感を求めるなんて、おさるさんと一緒です。
 
 
簡単に強い快感を得ることを知った生き物はそれしかしなくなりますし、それより強い快感を求めます。
 
それで人生をおえてしまいます。そのマスターベーションをどんなに変化させても得ることのできない幸福がこの世にはあると知らずに。
 
 
もっと響くように言うと
 
  • 毎日筋トレをしてバキバキな体で、英語も話せて、NGOで貧しい子供を救うことに日々奮闘している男
  • 毎日お菓子を食べ、会社から帰ってきてネットでポルノ画像を探して自慰行為をする男
 
あなたの好きな人、街の美女が魅力的だと思うのはどっちでしょうか。
 
全世界の男児にはこれを読んでほしいです。ほんとうに。
 
 
 
 

デトックスを続けよう

 
 
この自粛期間で積み重ねていくといいことを紹介しました。筋トレやブログ、読書、勉強をしようと決意したのは素晴らしい。
それと一緒に、自分の生活を見直してデトックスしてみましょう。
体の自浄作用は一日で済むわけありませんから、まずは一か月を目標に頑張ってみましょう!!
デトックスがうまくいってきたら、一気にいろいろうまくいきますから!!
 
 
デトックスと一緒に、積み重ねもやっていきましょうね。
 
 
ストイックに生きるのは女を捕まえるためだという方へ

2 件のコメント

  • 記事楽しく拝見しました。ありがとうございます。私は本当に甘いものの衝動食いが止まらず、連日こまっています。ことあることに、クッキーやチョコレート、ケーキを大量に食べることばかり考えてしまい、ダイエットや絶食中に、そのことばかりで苦しんでいます。治らず、悪化していくだけで、生きる力を失い、死を考えています。ダイエットにも疲れ果て、異常などうコントロールしていいかわかりません。食べ物以外にもう好きなことも見つけられなくなってしまいました。もしアドバイスがありましたら、教えて下さい。

    • 西村さん、コメントありがとうございます!!! なるほどなるほど。生きる力を失い、死を考えてしまうのですか。西村さんがダイエットや絶食をやっている理由がわからないので、気安いことを言ってしまいますがお菓子を食べてしまう、甘いものをやめられないことで悩んで死を考えるぐらいなら、気にせず食べまくってみるのもいいかと思います。お菓子は食べても死にません。なのにお菓子を我慢してて死んでしまうのは、人生がもったいなさ過ぎる気がします。とはいえ、お菓子や甘いものを食べても、気分の上げ下げがあるのでまた不安定なメンタルになるともいえます。難しいですね。まず砂糖等の甘いものは西村さんだけでなくほとんどの人が中毒状態で、やめるのか簡単なことではありません。だから、何度挫けても自分を責めないでください。コントロールの方法は色々試されていると思いますし、他の記事に書いてあることになりますが、独力ではなく他力を頼りましょう。それは環境であったり、友人であったりです。意志だけで勝つことは不可能です。
      また、食べ物以外の好きなことは昔好きだったなぁと思いだせるものをやってみるってのが一番いいのかなと思います。少しでも他の何かに「楽しい」という感情を抱ければ、甘いものから離れていきやすいかと思います。長く拙い返信になってしまって申し訳ありません。またいつでもコメントしてくださいね!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です