コロナウイルスで訪れる新世界【君はどう生きる?】

 
昨今、世界を困らせている新型コロナウイルス。

日本もやっと緊急事態宣言が出て、特別措置法に基づき様々な対策をとっていますね。
僕ら国民の生活も外出自粛になって

  • 遊びに行けない
  • 気軽に外出できない
  • 仕事は自宅で(無理に出社している人も多いけど
  • 学校は延期

などなど、生活に大きな影響を及ぼしています。
 
 

かくいう、僕も卒業延期にしたので学校行く必要はないですが家にこもりきりでブログを書くなり、本を読むなり、仕事したりって感じです。
ちなみにそのコロナのおかげで予定がないので、モーニングルーティンがとても安定して、続いているのです。
 

そんな人類に大きな影響を与えているコロナに関して思うことをつらつらと書いていきます。
 

新型コロナウイルスで変わる人間のライフスタイル

 

コロナウイルスは、おそらく半年や一年では終息しません。
それは、集団免疫獲得やウイルスのワクチン開発・大量生産まで多くの時間がかかるからです。
 
 

今はこんな風になってるけど、緊急事態宣言が解除されて八月にはみんなで、ディズニーいけるでしょ!って思っちゃってる人いたら
ドンマイです。

おそらくですが、無理です。
 
 

いまより何かしらのエンタメは復活していくでしょうが、大人数で集まってどこかで遊ぶっていうのは当分できません。
 
つまり、僕たちが今まで楽しんでいたことができなくなって、新しい楽しみ方を見つけていかなければいけないのです。

人生の中で楽しみ方が変わっていくというのは、楽しみを生きがいとしている人間にとって、ライフスタイルの変化を余儀なくされているわけです。
 
 
 

特に、居酒屋での飲み会は多分当分できません。オフィス内の大人数の会議も、集団での試験受験もできません。

今までの三密(密集、密接、密閉)状態で行われていたことはほとんどが不可能となります。これは僕たちのライフスタイルに大きな変化をもたらします。
特に経済活動や教育活動など。

僕たち人間の生活はどのように変化していくのでしょうか
 
 

オンライン全盛からオフラインの価値を見出す時代

 

今でも会議や面接、飲み会までもオンラインでやろうという流れがきています。
これまでもオンラインを通したコミュニケーションは、多くの人が利用してきましたがそれでも、Face to Faceには敵わない。
 
 

しかし、人と会うことがむずかしくなっている今日では、オンラインコミュニケーションが全盛を迎えます。
会議も、面接も、飲み会も、映画鑑賞会もほとんどがオンラインとなります。

多くの企業が、それぞれが持つサービスのコンセプトをオンラインに転換させてくることでしょう。
僕たちもオンラインを通した新たなサービスに数多く出会うことになるはずです。
 
 

そうして今年の終わりごろには、オンラインでのコミュニケーションに慣れてきて、家族以外の人は上半身しか知らない、あの人の下半身にどれだけ毛が生えているのか、足の長さはどれくらいなのかはわからなくなっているでしょう。
 
 

そうなってくると、今度はいままでやっていた対面のオフラインコミュニケーションに価値がでてきます。
VRを用いてよりオフラインに近いオンラインコミュニケーションがでてくるかもしれません。
 
自分たちが対面のコミュニケーションに何を求めているのかを考えると、なにかヒントが得られるかもしませんね。
 
 

僕たちは何を考えるべきか


とまぁ、そういう風に世の中は変化していくと思われます。まさに時代の大きな転換点にいるのです。

僕ら若い世代に関係することといえば、
 
  • 受験の方法
  • 授業の受け方
  • 就活の形
  • 遊び方
 
が大きく変わっていくことでしょう。

変化が予期されるときに大切なのは、もちろんその変化に対応していくことです対応していくといっても、ぼくが話していることは推測の域を出ませんから確実な対応策というものはありません。
では、学生、若い僕らが今何を考えるべきかというと

自分の人生で最も大切なものは何かということです。
 
 
 
 

事業責任者や経営者であれば、この世の中の変化に対して自分の持っているものを変化させていかなければなりません。
しかし、僕たち学生はなにもっていません。
なので、いまやるべきこと、やれることをやっていくことしかできません。なんと無力なことか。
 
 
 

それで今やるべきことってのは、混迷している時代、変化した時代でも幸福に生きていくために外界の変化に動じない強い軸が自分の中に必要なのです。

それは、
 
  • 叶えたい夢
  • 幸せな生き方
  • 解決したいこと
 
なんでもいいです。

人生を過ごしていく上で、何が自分にとって最も大切なのかを真剣に考えるべきであります。
 
  • オンラインコミュニケーションの世界になったり
  • ゲームの仮想空間の中で生きる未来になったり
  • ロボットに買い物に行かせる時代になったり
 
しても、大事なのは
  • 自分はなにをしたいのか
  • 自分は何を得たいのか
  • 自分は今死にたくない理由はなんなのか
  • 自分が一番幸せだなと思う瞬間、その条件は何なのか

真剣に考えていくことだと思います。
 
コロナウイルスがない、つい半年前の普通の世界でも有名人、成功者、経営者は上記の問いに答えられる、考え抜いてきた人なのです。

幸か不幸か、コロナ自粛で誰にも邪魔されない時間がめちゃくちゃある僕たちなので上記の問いに真剣に向き合ってみてはどうでしょうか

そして、自分なりの答えがでたら、その答えのために今できることを、このコロナ自粛という自分を鍛えるしかない時間に取り組んでみましょう。
 
 
 
「自分は何をしたいのかよくわからないや!」っていう人がほとんどだとも思います。そんな人たちにはまず↓の自己分析をおすすめします。
 
何したいのかはなんとなくわかったけど、なにをすればいいのかわからない、とりあえず自分の人生のためになることしたぃ!って人はこちら↓
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です