ビエンチャンの数少ない観光スポット!ブッダパークいってきた

ラオス ブッダパーク

 

世界一周三カ国目ラオスに入りました

世界一なにもない首都として知られるビエンチャン

たしかになにもないです

 

ですが時間の流れがゆったりしているというラオスらしさはそこそこありました

今日、タイとラオス国境越えのときに通った友好橋近くにある

ブッダパークにいってきました

 

行き方

 

ビエンチャンに陸路で来る人のほとんどが使うタラートサオの中央バスターミナルから
ビエンチャン市内までくるときに乗った緑色のバスに乗ればブッダパークまでいきます

14番のバスです
15分間隔ほどできます

ぼくは上記の予定でしたが宿で仲良くなったベトナム人のバイクに乗せてもらいました!

人生初バイクと交通費が浮いた!持つべきものは友

ブッダパーク

 

ブッダパークはメコン川沿いにありました

 

バスは目の前に停まるので簡単です

入り口でチケットを買います
15000キープ(195円 2018/08/22時点)

ブッダパーク、仏陀公園

 

さぞ神聖なところなのだろう,,,,

ですが、なかにいたブッダは

こんなんや

こんなん

 

 

 

ぶ、ぶ、ぶた!?

 

てっかい!!寝ていやがる

 

ブッダではないみたいですね笑 こういう像には疎いし英語の解説が少なかったのでぜんぜんわからなかったです

 

ツッコミどころ満載でしたねー笑

 

 

入り口から歩いていくと右手に大きいまるっこいのがあります

 

これです

これは下の地獄の入り口ってやつから入って頂上まで登れるんです

それと

  • 入り口の階が地獄
  • 二階が地上
  • 三階が天国

 

という構造になっているみたいです

 

そのままあがっていけば頂上にいけるんですけど

行き方が二通りあるんです

 

地獄の入り口にはいると
穴を通して見える地獄の部屋の外周を周っていくと階段があります
そこを登ると二階の地上の部屋があります

 

ここでそのまま外周をいくともちろん階段がありますが

二階の中央にある部屋に今度は入れます
そして地上というテーマの部屋をみていると部屋の真ん中に螺旋階段が見つかります

この階段が二つ目の行き方です

二階の中央の部屋からしか一回の地獄の部屋には入れません

(じ、じ、地獄だ)

 

ぼくは外周の階段に気が付かないで、螺旋階段からあがっていきました笑

三階の天国の部屋に上ると外周の階段も螺旋階段も続いていて、その上が頂上となっています

 

中心の螺旋階段からあがると頂上の口のようなところからでてきます

ほとんどの人が外周からあがっていくのでこの口から人がでてくるとは思わず

めっちゃ笑われました笑

それと結構狭いので体がでっかい人とご老人はやめておきましょう

頂上からの景色はこんな感じ

まぁブッダパーク全体が見渡せるってぐらい

 

レストランみたいなのもありましたがメコン川が氾濫してて
外のテラスみたいなのは使えませんでしたー

 

帰り方

 

見学は1時間もあれば十分だとおもいます
ただ変な像がたくさんあるので友達といろいろな写真を撮りたい方は時間が足りないかもしれませんね

ビエンチャン市内へ帰る方は
ブッダパークをでて、目の前の道路の反対側、来たときとは反対の車線でまちましょう

 

スタッフさんによると10分くらいでくるみたいです

緑色のバスが見えたら、手をあげたり、道路にでたりしてアピールしましょう

行きと同じで8000kipです

途中でラオス側のイミグレーションに寄るのでちょっと時間かかります

 

 

おわり

 

べつにそこまでおすすめはしません笑

イミグレーションから近いので
寝台列車とうで早朝についちゃった人は宿チェックインの前にブッダパークに寄るのもありだとおもいます!

そろそろルアンパバーンに移動しようかしらね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です