いま電車でスマホゲーム、インスタばっかりみてるだろ!それでは成長しない。スキマ時間を活用せよ!

スキマ時間 を制する者はすべてを制す

何かを達成、習得するために有効活用するといいものは

スキマ時間

スキマ時間を有効活用しろっていろんな人いってますよね

では、スキマ時間とはどこなのか
どんなことができるかを紹介していきます

 

スキマ時間とは

 

隙間時間とは名前のまんま、用事と用事の間に生まれる
予定のない、やることのない時間

それがスキマ時間です

スキマ時間って自分が思う以上にありますからね.

そして自分で作り出すこともできる

スキマ時間を作り出す=時間を生み出す

時間が他人より多ければ、何事もうまくいくのは当然ですよね

 

例えば?

ぼくが思いつくスキマ時間を挙げてみます

  • 電車での通勤・通学時間
  • タクシー、バスの移動時間
  • 待ち合わせの時間
  • 入浴時間
  • 起床後
  • 就寝前

こんな感じでしょうか

移動時間が時間の多さ、活用のしやすさとして一番でしょう

 

 

あなたはスキマ時間を無駄にしていませんか?

 

まず、あなたが普段、通勤通学で乗る電車の時間、なにをしているか思い出してください

満員電車じゃなくて割と余裕がある場合です

 

  • スマホでSNSチェック?
  • スマホでゲーム?
  • スマホでネットサーフィン
  • 睡眠?

 

 

どうですか?

 

 

思い出しましたか?

 

 

それでは次は、その時間があなたを日々成長させているか
どうか考えてみてください

成長というのは、自分が思う理想の人生に向かうための成長です
ゲームのレベルアップとかじゃないです

 

 

半分くらいの人は

成長していないと答えるのではないでしょうか

 

それはもう時間を無駄にしているんです(あなたが成長したいのであれば)

 

 

スキマ時間の価値

 

日々の通勤時間が片道一時間として、往復2時間
それを週5,月20日、年240日続けているとすると

 

スキマ時間だけで480時間!!!!!

 

480時間って1日1時間、365日継続していても越えられません

 

1日1時間なにかを1年間継続したことありますか??

 

あるよ!って人はそんなに多くないと思います

480時間、ひとつのことに注いだら
それはそこそこなレベルに到達できるのではないでしょう

スキマ時間の価値、はんぱないっすよ

 

 

スキマ時間のいいところ

 

取り組みやすい

 

なにかを継続、習慣にする時って

だいたい家に帰った後とか、たくさんの誘惑、ほかにやることがある時間に
こなそうとするから

続かないんですよ

それと比べて、スキマ時間

例えば電車となると

誘惑の相手はスマホ、本、ipodくらいです

それらの誘惑に勝つ工夫をすれば、スキマ時間を有効活用できます

 

 

継続しやすい

 

 

スキマ時間は毎日必ず現れるとおもいます

つまり、時間があなたに「やろう!!」と呼びかけてくれるんです

電車に乗って、ふと暇になった瞬間
必ずあなたは「あれやらなきゃ」って思うはずです

そこでやれるかやれないかが成功するか否かを分けると思います

 

スキマ時間ではなく、他の時間を新しく使おうとすると
毎回、エネルギーが必要です

ほかにいくらでもやることはあるので、簡単に続かなくなってしまいます

 

 

テンションがあがる

 

これを読んでいる場所が、電車だったら一度周りをみてみましょう

周りにいる人の何パーセントがいまの時間を有効に使えているでしょうか

 

見ただけでは判断できない場合もありますが、
寝ている人や、ゲームしている人、ぼーっとしている人

 

そんな人たちを前に、自分将来のために自分が時間を活用できると

 

優越感にひたれます

 

これ意外と大事なんですよ

自分のモチベーションあげるのに最適です

 

最初はその優越感で気持ちよくなって、次の日も、その次の日も
その優越感を求めて、続けるのもいいとおもいます

 

スキマ時間 を活用するコツ

 

スキマ時間になにかをやるには

それを非常にシンプルにすることがコツです

 

 

スキマ時間は家じゃない場合や、環境が変化する場合があるので

どんな時も簡単にできる

それが大切です

 

スキマ時間にパソコン広げてとかはあまりおすすめしません

 

スキマ時間 を制する者は人生を制する

 

スキマ時間の大切さ、わかってくれましたか

ストイックになりたい人はスキマ時間を有効に活用しましょう!!

とりあえず、電車でゲーム、SNSのチェックはやめてみよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です