大学二年生までに一人旅を経験すべき理由!一人旅のメリット4選!独りで生きて成長しよう

 

大学生のみなさん、長期休みはなにをしていますか?

 

 

バイトにサークルに友達と旅行、お出かけ

だいたいこんな感じですよね

バイトも始めてお金もある大学生

高校生のときにはいけなかった旅行などはほどほどにして

一年生、二年生のうちに一度は必ず一人旅をすることをおすすめします

 

 

それはなぜか、一番の理由は

今後の人生の幅が広がる

からです

 

一人旅のメリットと一二年生におすすめする理由を説明していきましょう

 

一人旅のメリット

 

自分で考え、決断し、結果が全て自分に降りかかる

 

一人旅の最大の特徴は「独り」であることです

どこにいくにも、なにを食べるにも、いつ起きるにも、どれを買うかも

決めるのはすべて自分です

 

大学生活でも昼食をなににしようか、この本を買うか否かなど

自分で考え、判断してきたとおもいます

 

ですが、旅にでると

考慮する点が増えるため、大学生活の時より考えて、判断するのは難しい

そしてそれがいい

 

自分で決断した結果が最悪だった場合、もちろんその結果は自分だけにかえってきます

イライラすることもありますが

それは自分が考え、決断したこと。自分の責任以外のなにものでもありません

 

その自分の失敗を自分で受け入れ、反省し、つぎに活かそうと思えるかどうか

それも一人旅の魅力なんです

 

 

自問・内省する時間が取れる

 

これは長期というか、スケジュールに余裕があるたびに限ります

大学に入って、バイトを始めて、サークルに入って、講義が始まって、新しい楽しみも、仲間も手に入れて

楽しい日々をずーっと過ごしてきたかもしれません

 

ですが、今後のこと、いままでのこと、自分についてゆっくり考える時間はいままでありましたか??

大体の人はないとおもいます

 

大学一年生、二年生は無限の可能性にあふれています

学年が上がるたびに徐々に可能性が狭まっていってしまいます

狭まらないひともいますが、たいていの人はどんどん学生の自由な時間が減っていくので

チャンスが減っていきます

 

なのでこの世に落ちてる、無数のチャンスをしっかり拾っていくために

じぶんの可能性について、しっかり考える時間が必要

旅はそれに最適なんです

 

  • 朝ご飯を食べて、少し散歩するとき
  • 観光の途中に着かれてカフェにはいったとき
  • 温泉につかっているとき
  • ただ移動しているとき

 

そんなときに
スマホをいじっていないで、様々なことに思いを巡らせてほしいと思います

自分についてしっかり考えた人は意外と多くないので

大学一年、二年生のころから考えておくと、周りとは一味違う学生になれるかもしれません

 

 

頭の視野が広がる

 

ニュースをみたとき、例えばタイのバンコクの映像がでていたり、北海道の北端の話だったりしたとき

もしそこに行ったことがなければ、特になにも感じないで終わると思います

ですが、そこに旅した経験があったらどうでしょう

きっともっと真剣にそのニュースをみたとおもいます、そのおかげで頭の中の知識が増えたりします

これは頭の視野が、いままで住んでいた地元だけじゃなく

海外や他県のところまで広がったっていうことなんです

 

これは非常に重要です

自分の可能性をそこまで広げたってことなんです

 

例えば、移住することのメリットを知って、移住を検討するとき

物価の安い海外の国に実際に旅したことがあれば、その場で頭の中で検討できます

行ったことない人は、そんなアイデアがでてくることもないかもしれませんし
まずは行ってみないとわからないってことで手間がかかります

今後のすべてのチャンス、可能性の場所が広がるんです

 

これが大学四年生だと
今後の人生には有効ですが、もう自由な時間もない人が多いので、学生のうちのチャンスを広げるのは大学一年、二年生が最適です

 

強みと足りないものに気が付く

 

旅をしていると

出会うものが未知であることが多いので、それに対応する自分も未知なのです

そこで見つかる新たな自分の弱さ、強さに気が付きます

 

自分の強みにも気が付くことがあると思いますが

大体は自分のダメなところ、まだまだなところに気が付きます

例えば、

  • 道に迷ったけど人に聞く勇気がなかったり
  • 宿で少しうるさい人がいて、自分はめちゃくちゃイライラして、心の余裕のなさを知ったり
  • 外国人に話しかけられて、英語力の弱さを知ったり
  • 他の旅行者と話して、自分の中身の薄さに気がついたり

 

といった感じで
ただ学生生活を送っているだけでは気が付かないことにたくさん出会います

これは本当に幸せなことで、有意義なことです

学生生活で気が付くのは自分の知識のなさ、意志の弱さ、めんどくさがりっぷり

くらいです

 

旅にでて気が付くのは「独りの時の自分」
つまり社会に出たときの自分がぶつかる壁です

それに学生のうちに気が付けるんです

めっちゃ有意義だとおもいませんか??

 

 

旅行ではなく旅を

 

旅って自分探しでもするの?笑

 

 

みたいなことを世界一周に出る前にはたくさん言われました

そのときはまさか笑みたいにごまかしてましたが

もちろんぼくの世界一周の旅は、自分探しも目的のひとつです

 

旅が自分探しが恥ずかしいみたいな風潮がありますが

自分を知ろうと旅に出たことないやつに笑われても気にする必要はありません

そいつらはなにもしようとしない奴らなので

自分を知ろうと、未知の世界に「独り」で飛び出すことは大切です

 

旅行ではそれができません

 

旅行とは観光地のみを周り、娯楽に浸ることってイメージしてます

ただ観光地にいって、宿かレストランでご飯を食べて、宿でスマホいじりながら、酒飲んで

タクシーのって観光地行って、などなど

 

それでは何にも新たな自分に出会えません

旅と旅行の違いは未知への挑戦

 

ぜひ観光地だけでなく、聞いたこともない都市や国、使い方がわからない交通機関、お店

ツアーじゃなくて、自分で予定を立てたり

いろいろ自分ひとりで苦労をしてください

それが大切です

 

 

国内と海外どっちがおすすめか

 

ぼくは都道府県を一人旅したことがないんですよね

だから海外一人旅しかおすすめできないんですが

 

ぜんぜん国内でもいいとおもいます

 

お金がかからないですからねー青春十八きっぷとか最高だとおもいます

 

ですが

やはりぶち当たる困難、苦労は海外のほうが圧倒的に多いですし

頭の視野を広げるっていう意味ではぐん!と海外のほうが広がるので

そっちがおすすめです

お金がかかりますけどね

 

ここで肝なのが旅への資金を

できたらアルバイトだけじゃなくて他の方法でお金を稼ぐことにトライしてほしいなと思います

世の中にはクラウドファンディングなんてものもあるので、なにか他者へ価値提供できそう旅のアイデアがあれば出資を募ったりするのもいいとおもいますよ!

 

バイトだけで稼ぐとバイト脳になるよ!!おすすめのバイト以外の稼ぎ方一覧

2018年4月26日

 

まとめ

大学生一年生、二年生のうちに一人旅するメリットは

 

  • 自分で検討、判断、反省ができる
  • 自問・内省の時間が取れる
  • 頭の視野が広がる
  • 自分の弱み強みに気が付ける

 

です

 

ぜひ夏、冬、春休みにさくっと一人旅してみてください!

インスタ映えとか気にしているちんけな旅じゃなくて

自分に注目する、外の世界に注目する、新たな経験にあふれている

そんな旅をしてきてください!!

百聞は一見に如かずです!

 

大学生一年、二年生のうちに様々なことを試しては、たくさん成長しましょう!

やるべきことが見つからないって人におすすめ!↓

やるべきこと20選とか多すぎ!!【保存版】これが大学生のうちにマジでやるべきこと8選だ!!

2018年6月28日

【永久保存版】読めば大学生活が充実する6つの話

2018年4月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です