【レビュー】「疾走」(重松清)ページめくりが止まらない圧倒的鬱鬱鬱!!

 
今回紹介するのは、バイト先の友達におすすめされた重松清作「疾走(上下)」です。
 
友達からは激重だけど本当に疾走するかのように読み終わるって言われて、最初のページをちょっと読んでなんか読まなくなって、そのあとしっかり読んだら一気に読み終わりました。
一気に物語の中に引きずり困れる感じは、
前回紹介した貴志祐介作「新世界より」と同じくらいです。