志望校の決め方 選び方/この2つだけを意識して志望校設定!

 

人生でほとんどのひとが経験する

 

高校受験・大学受験

 

そこで必要になってくるのが
志望校の設定です

 

 

そこで、一年先の受験を見据えているときの最初の
志望校の決め方のアドバイスをしたいとおもいます

 

注:私はMARCHです。決して受験成功者ではないです

 

しかし、アドバイスはあります

 

 

名のあるとこを見に行け

 

 

見に行けっていうのは
オープンキャンパスにいったり
学校説明会にいったりですね

 

これはなんでかというと
行くのとパンフレットで済ませるのとでは
その学校に対した抱く気持ちがまったくちがうんです

 

そして
名のあるとこといえば
大学で言えば、東大・京大・早慶・国立など
高校で言えば、灘・開成・早慶など

 

高校は正直、校風が大事ですが
大学はとりあえず上のラインの大学に行って損することはないです確実に
高校も然りですね

 

 

それでですね
頭の中のイメージでは東大なんて無理だわっておもっちゃいますし
実際、スーパー難関ですが

 

 

赤門(東大の有名な正面門)のなかはいったことありますか?

 

 

 

 

 

もうめっちゃ広いです

こんなとこでキャンパスライフ送れたら最高だなってなります

 

 

 

行く気がだれだって必ず芽生えます

 

なので

 

 

とりあえず有名なところを見に行きましょう
可能性を自分でたくさん作り出しましょう

 

 

 

 

高めのところを志望校にしよう

 

 

 

これは先生も予備校の人もいいますよね

 

 

この意味ってわかりますか?

 

 

 

高めのところを志望校に設定する意味

 

 

 

ぼくは先生に聞いたわけではないのでわかりませんが
ぼくが気づいた理由、意味があります

 

 

 

たとえば

 

B大学を最初はいけそうだな、行きたいなとイメージしていたが

上を目指しておけといわれ、A大学を志望校にしてそれに合わせて受験勉強を開始した
当然、Bを目指してた時よりはハードモードな受験勉強

 

そして受験間近、気づけば
B大学はそこそこ簡単にいける大学となっていた!!

 

 

これが
高めに設定する意味だと思うんですよ

 

 

要は自分が挑めるレベルの無茶をさせて
自分を限界まで高めようってことです

 

 

もしB大学を目指してやっていたら
B大学に余裕で受かるレベルにはなっていないかもしれない

ぼくは実際、それを実感しましたね

自分の底力をなめてはいけません

 

 

いま、考えていて調べてたりするとこより

もうちょい難しいところにしてみましょう!

 

 

 

おわり

 

 

  • 名のある所を見にいけ
  • 高めに設定しろ

 

 

この二つです

すくないか、、笑

けど、シンプルに決めたほうが
柔軟に対応できるからいいとおもいますぜい

 

 

それと!

 

志望校決めたら

しっかり戦略を練って計画的に勉強しましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です