大学生におすすめ!史上最高のバイト~治験~ これを経験したらほかのバイトはできない

 

 

みなさん バイトしちゃってます?

バイトって時間をお金に換えているだけなので

バイトだけで稼ぐ、バイトしか稼ぎ方を知らない大学生にはなってほしくないです

関連記事:バイト以外の稼ぎ方を知らないと一生負け組だよ!

 

バイトって時給1000前後でも(地方はもっと低いらしいね(´;ω;`))
けっこうしんどいし、単純作業の場合めっちゃ時間を無駄にしてる感じ

 

 

あぁーどっかに自由にゴロゴロするだけでお金稼げるバイトないかなー

 

 

って思っているあなたへ

 

そんなあなたにぴったりのバイトがあります

正式にいうとアルバイトではないんですが

 

それは

 

 

治験です!!!!

 

 

 

うわ!こわ!

あぶないあぶない

 

っておもうのはわかるんですが

とりあえず最後まで読んでってください!

 

 

治験とは

 

ぼくも利用した医学ボランティア会JCVNさんのホームページによると

治験とは、新しい「くすり」や「健康食品」が国の承認を得るために安全性や有効性を確認するために行う臨床試験のことです。
その試験に自らの意思で参加してくださる方を治験ボランティア(臨床試験ボランティア)と呼んでいます

 

世にでる前の薬の最終試験のようなものですね

 

安全なのか

 

治験は「薬・人・国(厚生労働省)が認めている」の3点が揃った物の事を言います。
薬は「国が認めたもの」とありますがこれは治験も同様に国が認めたものが治験として行われます。 後述する治験の前段階である動物(モルモットなどが有名)での非臨床試験も治験ではありません。

人の体は千差万別なので、薬をつかって全員安全とは言い切れません

なので、ここで絶対安全だとはいえません

どんなに検査しても薬を絶対安全とは言えないとおもいます

 

もちろん補償がついてくる

 

薬による副作用、症状などが出た場合は、補償がついてきます

なのでもし万が一、症状が出た場合でも、放置されることはありません
しっかりと対応してくれます

 

誓約書・署名が必要

 

治験参加前にそこそこな枚数の治験説明資料をみんなで読みます

そこには、副作用などに対する補償や、いつでもやめていいということ
ボランティアの方の健康が第一ということが嫌というほど書いてあります

そして、もし内容や薬に不満があるひとはその場で帰っていい
受けなくていいってなっています

 

治験のメリット

 

高額な謝礼金

 

ボランティアに対して支払われるものなので、給料・報酬とはちがいます

 

泊りがけの治験の場合日給2万ほどは大体もらえます

 

ぼくがやったのは4泊5日を2回の治験で15万円でした

(これは少ないほうらしいです笑)

 

4泊を2回、ふつうのバイトでやるとかんがえると15万はなかなか厳しいと思います

 

 

検査以外は朝から夜まで自由時間!

(↑消灯した後もベッドの上でパソコンをいじる写真です笑)

これが最大のメリットです

1日に複数回ある採血や尿検査以外の時間はすべて自由時間です
なにをしててもいいんです

 

  • 病院に備えついている漫画を読むのもよし
  • パソコンで映画をみるのもよし(Wifiがたいていあるみたいです)
  • ずっと携帯いじっているのもよし
  • 資格・好きな勉強をやるのもよし(食堂やベッドの上で)

 

つまり自分の好きなことをしている時間もお金が発生するんです

夢のようでしょう

いままでこんだけ一時間働いても1000円かーって思っていたのが
ずーと遊んでるだけでいいんです

嫌でも健康的な生活を過ごせる

 

治験入院中は

朝8時起床→朝食→昼食→夕食→22時消灯
でした

もちろん、飲食物の持ち込みは厳禁なので
おいてあるウォーターサーバーのお水しか飲めませんし

三食の食事は献立がさすが病院ってくらいバランスいいし
おかわりはできません

夜は22時に消灯、24時まではベッドのライトは点灯可でした

自宅では絶対過ごせないような規則的で健康的な生活をすごせます

健康的な生活を手に入れたい方は一回、治験で強制されることをおすすめします

 

デメリット

 

めっちゃ注射される

 

薬を服用したあとの体を調べるので、もちろん採血が多いです

薬を服用した直後は20分おきに採血してました笑

2日目とかは朝と昼とか、朝と夜だけとかになります

なので注射が苦手っていうひとは、やめたほうがいいかもしれませんね

普段の注射より痛いってことはないんですけどね

 

入院型は平日にまたがるので長期休みになる

 

治験でも稼げる入院型は2泊3日とかでも平日にぶつかるので
学校にいけません

なのでぼくは休学している今行きました

夏休みや春休みなど時間があるときを狙いましょう

 

 

だれでもできるわけじゃない

 

治験はちゃんとした検査が目的なので
ようは被験者のぼくたちも基準に合格した体でなければいけません

BMIだったり、血中なんとか濃度だったり、心電図などなど

治験入院3週間前くらいにある事前検診に参加して
基準をみたさないと参加できません

健康であれば大体はうかるとおもいます

 

 

大学生に一番おすすめ

 

治験ってすごい自由時間が多いんです

でも、周りにはベッドとソファーとチャンネルの替えづらいテレビと大量の漫画だけです

 

なので、家とちがって誘惑がすくなく、やりたいことをやるには最適の環境です

 

大学生ってやっぱり、資格とったり、英語の勉強したり、専攻している学問をもっと学んだりと
やりたいことはいっぱいあるし、やったほうがいいこともたくさんありますよね

でも、その反面楽しいこともいっぱいあるから、そっちに流されて
ぜんぜん時間を有効活用できたことがないって人も多いはず

 

それが治験ではできます

 

ぼくはパソコンと読み切れていない本を数冊もっていきました

採血が終われば食堂にいって、ブログを書いて
ご飯を食べた直後はベッドで読書そしてブログ
夜は英語の勉強をしました

 

家にいても、カフェにいてもできない作業量をこなせたので

ほんとうに満足してます

 

まわりのおじさんやお兄さんたちは
たくさんおいてある漫画を読んだり、携帯をずっといじってました

 

時間の使い方はひとそれぞれですが、もっと有効活用すればいいのになっておもってました

 

僕と一緒に食堂で勉強してた、大学生っぽいひととさわやかおじさんとは
妙な絆がうまれてましたね笑

 

まとめ

 

 

治験は

みんながおもっている危なさは一切なくて

好きなことをしているだけで高額なお金をもらえる

最高のバイトです

 

実際の治験の流れや参加方法はほかの記事で書くのでお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です