トビリシ~バトゥミ~トラブソンのジョージア・トルコの陸路移動情報まとめ

サルート!

リアルタイムはルーマニアの首都ブカレストです
ブカレストの観光は歩きでも15キロ以内で収まるんで一日で周りきれます

あしたはブラショフに移動です!

さて、ジョージアはたくさん教会いったり、山の上にある教会や遊園地目指してのぼったり
二週間沈没した割には行動範囲はせまかったです笑

(ジョージアの母)

(急遽山道に現れた牛)

(いつも遠くに見えてた夜に光るテレビ塔の下まで登ってきた)

(いい天気トビリシ)

(いつも左のほうにぽつんとある教会。だれも行かないので行ってみると、道は険しく、トレッキングでした笑)

 

天国に最も近い教会があるらしいカズベキっていう村にはいってないですもん笑
また今度いきます

 

二週間のジョージアからなんとか抜け出す決意をしてトルコに向かうことにしました

トルコに陸路でいくには、トルコ国境すぐの街バトゥミにいかなくてはなりません
バスやマルシュルートカでもいけるらしいんですが、

宿の旅人に鉄道をおすすめされたのでなんかの縁ってことで鉄道移動です!!

 

トビリシからバトゥミへ鉄道移動

 

オンライン予約できるのが素晴らしいところ

サイトはこちら(Georgian Railway)

バス移動の料金と100円くらいしか変わらなかったので鉄道にしました

00:35トビリシ発~06:00バトゥミ着です

駅はStation Square

バクーから鉄道で来たときもここで降りましたなぁ

三階に待合室と電光掲示板があるので自分の列車のホームを確認して待機

一番線は一個下の二階に入口があるので注意です
エスカレーター降りて左です

電車はしっかり時間通りにきました

車両に番号かいてあるので、自分の番号をめざします
入口で車掌さんたちがチケットチェックをします
半分以上の人が印刷というか、チケットをもっていましたが
Eチケット~ってオンライン予約の人のための車掌さんもいるので印刷しなくても安心です

(下の階でした)

なかは二階構造!!めっちゃきれい!

席もせまくありません。ですが座り心地はそんなによくないです、、、、

そして就寝

ちゃんと6時に到着しました!!

ここからカッパドキアのあるギョレメという街を目指します!!

なお、バトゥミ駅にはATMがありませんでした

早朝の早朝なのでバスターミナルまで歩いていきます

オールドバスターミナルとニューバスターミナルがあります

ぼくはオールドバスターミナルにまずいきました

そして早すぎる到着

トビリシ行のミニバンだけなんか動いてました

それ以外のバス会社は9時開店だそう、、、、、

ひたすら待機です

バトゥミからトラブソンへバス移動

 

バス会社のガラスにその会社のバスの行き先がかいてありました

その中にギョレメの文字はひとつもありません、、、、

誰に聞いてもギョレメっていうとないないみたいなこと言われます

たしかにほかの人のブログ見てもだいたい、バトゥミからトラブゾンっていうところを経由してます

ということでニューバスターミナルで確認するのもめんどくさいので
まずはトラブソンに行くことに決定!!

その場で11時発のミニバンを予約。ここのバスターミナルにATMもあります

そして発車

 

ジョージア・トルコの国境越え

 

国境には30分くらいでつきます

国境につくまえに他の乗ってたおじさんになんかお酒をカバンにいれてくれと頼まれます

関税がなんとかかんとかで一人が持ち込む数量に制限があるとかなんとかかんとかだからでしょう
ブログでそういうのは読んだことがあったので、いやいやでしたがOKすると、なかなかでかい酒でぼくのバックになかなか入りません

入らないから無理だよっていっても押し込んでくるんで腹が立って

なんとか入れたあと、そのおっさんがいなくなった隙にお酒を戻しました。バッグを力ずくで広げて入れようとするなんて非常識すぎる。。そしたらなんで入れてくれないんだみたいなこと言われましたが無視。他の人にも頼んでたけどみんな断ってた

そんなことをしてたら国境に到着

 

荷物を全部持って移動します

 

ジョージア出国の際にみんなその場で用紙を記入していて、なんだなんだと思ってたら
同じバスの人が書き方教えてくれて助かったありがとう!
ってなってたけどいざ審査場抜けるときは、パスポートだけでいいんだよってその用紙をぽいってされました笑

出国の際はパスポートだけでだいじょうぶです

そのまませまい通路をずーっとすすんでいき

トルコに入国です
そのときもパスポートだけで一瞬です

もっとも楽な出入国検査でした

 

そのあとは少し先に進んで、ミニバンを待ちます

このバンを待つところはたぶんほとんどがちょっと先に進んだ、バス停みたいなところの前だとおもいます

みんなで再び乗って、いざトラブソンへ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です